カテゴリー: Phuket

Phuket camp Day6

今日も昨日と同じルートで100k。
Benyaran Museum往復+α。
暑さに慣れながら体調を整えてキャンプ後半に向けてじっくりと。

 

基本的にはフラットですが、
時々登り!

 

DHポジションも安定してきました。

 

宮古島トライアスロンに向けて、まだまだじっくり乗り込んでいきます!

 

 


Phuket camp Day5

今日も定番の100kルート。
Benyaran Museum往復+α。

スタートは8時前。
気温は23度ぐらい。
湿度が低くて風も爽やかで快適♬
アイアンマン70.3が開催される11月とは全く違う気候です。
プーケットに来て5日間、雨はナシ♬ 毎日快晴!!!
トレーニングがたくさんできちゃいます(*_*;

今日のテーマはリラックスライド。
快適なポジションや姿勢を探りながら丁寧にペダリング。

 

今回のプーケットキャンプではホイールはMAVIC【キシリウムエリートUSTホイール/チューブレス】を使用しています。
長く快適に乗るならエリートがお勧め!と担当の方にアドバイスいただき今回からテスト中。

ホイールが振動を吸収して身体が疲れにくい、だそう。
連日乗っていますが身体の疲労感が少なく、これがそういうことなのか!?と!

乗り心地は軽いというのか、ごわつきがないというのか、とてもスムーズ。
これはチューブレスの乗り味なのだと思います^^

 

それと、先ほど段差(穴ぼこ)で思いっきりリム打ちしまして。。
これはパンクだな〜と思ったら、あれ?してない!
チューブレスは安心してバイクライドできる心強い相棒になりそうです^^

チューブレスって何?
って方はコチラを↓ご覧ください♬

 

10時を過ぎると35度近くに…
でも、湿度が低いので、快適♬

 

後半はオキシドライブ!
飲みやすい味でクセになる♬

ゴール♬
今日も快調快調!

 

 

夜ご飯はいつものレストラン。
ご馳走様でした~♬


Phuket camp Day3

今回のキャンプのテーマはバイク
日本だと寒くてテンションがあがらないバイク…
ここプーケットなら大丈夫!

12月、1月はランを中心にトレーニングしたので、春に向けてバイク!!!

・3月4月の乗り込みに向けての身体づくり
・CEEPO KATANAのポジション

ポジションは楽に180k乗れるように。

今日は定番の100kルート。
Benyaran Museum往復。

宿を出て20キロ。
サラシン ブリッジ。
プーケット島とタイ本土を結ぶ橋です。
2016年のIRONMAN70.3 THAILANDではバイクコースでしたよ。

 

目指すのは肘に体重をしっかり乗せれる楽ちんポジション♬

 

折り返しのBenyaran Museum
小休憩。
タイでは?
プーケットでは、コンデンスミルクをたっぷり入れた甘ぁ~いアイスミルクコーヒーが定番みたいです。

 

ポジションをいじりつつ。

 

プーケットではタップリ乗れるので、イロイロとポジションを試しながら試行錯誤してみたいと思います。


Phuket camp Day1

去年に続いて2回目のプーケットキャンプ♬

自宅を出たのは朝5時過ぎ。
成田空港は人人人…
中国の春節の影響ですかね~~

 

成田から9時過ぎの飛行機に。
プーケットに行くときはいつもタイ国際航空♬
日本からプーケットへは直行便がありません(+_+)
バンコクで乗り換えなければならないので、、、
同じ飛行機会社で乗り継げると便利だし荷物が無くなる心配も少ない♪ と思います。

バンコクで3時間のトランジット。
バンコクからプーケットまでは1時間ぐらい。
プーケットの飛行場から宿までは車で30分。
宿の到着は昨夜21時頃。(日本時間23時)
だいたいドアツードアで18時間の移動時間でした。

 

で・・・
トレーニング初日!
晴れ!
半袖♬

 

暑さに慣れながら。
軽くバイク。

 

2017年のIRONMAN THAILANDのバイクコースでもあるルート。
景色も良く、交通量が少なく快適です。

 

Di2の充電コードを忘れてしまい…馴染みのトライアスロンショップBorn Free To Triへ。
イザっていう時に本当に頼りになるショップです。
店長さんでメカニックのサックさん(トライアスリート)に相談したところ、
「在庫は無いよ」…
「発注しても良いけど、、、モッタイナイから店で充電しててってよいよ~」
とりあえず30分ほど充電させてもらいました!
ありがとうございます♡
キャンプ先で心配なのはバイクのメカニックトラブルですよね。
プーケットはBorn Free To Triがあるから安心♪

 

 

夜ご飯は宿近くの馴染みのレストラン。
タブン毎晩ここでお世話になります♬


2017 Ironman 70.3 Thailand レースレポート

2018年のコナスロットが獲れることもあり、強い選手が集まりました。
昨年はかなり暑かったですが、今年は小雨で走りやすいコンディション。最高気温は28℃ほど。
バイクコースが一部変わりアップダウンが増えて楽しいコース。
昨年の自分を超えられるか、ワクワク気分でスタート!

 

★結果
5:04:57(昨年5:34:57) 30-34カテゴリー4位(昨年5位)


★レースまとめ

チームメンバーは全員無事に笑顔で完走!
落車・パンクが多かった中トラブルなしで元気に完走できてハッピーなレースでした。2名がエイジ優勝してKONAをGET!

私はスイムエイジトップ、女子4位でフィニッシュ。バイクはマイペースをキープ。心拍は150前後。
40k過ぎから腰に張りが。中盤〜終盤で数人抜かれ3位でランスタート。
盛り返すつもりがビックリな身体の重さで我慢のラン。心拍160前後。小雨でコンディションが良かったものの全く走れず練習不足を実感。

遅くて悔しいけど、翌日はハムがしっかり筋肉痛。古傷の右足首も腫れているし、今ある力は発揮できたかなと。
昨年はエイジ5位。今年は全種目速くなり30分近くタイムアップしエイジ4位。
来年は表彰台を目指します!


ラン後半は胸が苦しくてベルトを下げてしまい計測できず。


★使用アイテム

SUUNTO (腕&バイク用)
MAVIC(ホイール/コスミックプロカーボン、バイクシューズ、ペダル、ヘルメット)
TYR(トルクプロ、クリアゴーグル)
asics(ダイナフライト2)
アグレッシブデザイン(ファイター/日焼け止め)
イオンドクター(リカバリーグッズ)
グリーパーレイズ(シューズ紐)
グリコパワープロダクション(CCDドリンク&ジェル、BCAA、オキシドライブ)
Oakley
BOMA
ラプレムトライスーツ(C4オーダー)
ラプレムキャップ


★レース前までのトレーニング
10月の銚子トライアスロンのチームメンバーの走りに刺激をもらいちゃんとトレーニング開始!
9月下旬は昔やった右足の捻挫箇所が痛くなってしまい20kも走れず。治療を受けながら走れる身体作りから。

10月はラン240k走ることができ、140k以上のロングライドも数回できて、体重はレースまでに3kgほど落ちて走ることが楽になった。久々に練習をしてレースを迎えることができて、メンバーや治療の先生に感謝です。

プーケット入りのフライト日程を間違えてしまい予定より早く現地入り。
暑さの中でも走れるようになり、前日も快調に走れてレースがより楽しみに!

 

★レース内容
3:30起床。日焼け対策でアグレッシブデザインのファイターを塗り塗り。
4:00朝食(ホテルにて)、そのままシューズなどをセッティング。
設置されたライトで明るいので持参したヘッドライトは不要。
5:50からみんなでストレッチ&アップ&コースチェック。

6:20にプロスタート。6:30からエイジは申告制で男女関係なくローリングスタート。
アップをしていたので並ぶのに出遅れ、トップから2分後にスタート。
バトルはないが、たくさん抜いた。ブイの背が低くあまり見えない。
ブイが見えないまま泳ぐのは不安なので連続ヘッドアップでしっかり確認。
昨年より1分早くフィニッシュ!

 

今回のトランジションエリアはかなりタイト。学生レースを思い出す。笑
フィニッシュゲート手前あたりと覚えて問題なくバイクスタート。

乗りながらバイクシューズを履いたら、ストラップが抜けてしまったが焦らず通し直す。
レース中なにかはアクシデントが起きるので冷静に対処。

序盤20kくらいはアップダウン。昨年とはコースが変わり、事前に下見をしていたので問題なくクリア。落車した人が多かったようで、後ろの方が歩けと言われたそうで、、逆に危ないと思う。
全体を通して落車・パンクが多かったがツアーメンバーは全員無事に完走!これが一番嬉しいこと。

早くも40k過ぎから腰が張ってきて、ダンシングしてストレッチを挟む。練習じゃ張らないのに、、やはりレースはなにかある。
原因はプーケットに来て110k乗った日のラストで土砂降りになり、バイクの水を抜いた際にピラーに印を付けなかったので高さが変わっていたのかも。初心者ミス、反省。

雨に降られた110kライドでは腰は問題なし。レース2日後のリカバリーライド105kでまた90kから腰が張ったのでたぶんサドルの高さが原因。

60kまではエイジトップ。その間は男性にピューーーンと抜かれまくり。85k過ぎから女性3人くらいにもピューーーーーンと抜かれる。ランで抜き返そうとマイペースを維持。

毎回ランでお腹や胸が痛くなってしまうので補給に注意した。涼しかったので身体にはあまりかけずに済んだ。4回エイドがあるうち4回目でスポーツドリンクをもらう。そのボトルを応援してくれた少年に渡したら喜んでくれた^^

1、2回目のエイドは下り基調の箇所にあったので登りのところにしてくれたらいいなと。
3回目のエイドでは前にいた男性がボトルをもらうのに失敗して私がもらう分がなくなりスルー。ボトルを取れないことを想定しておくことが必要。

補給はCCDドリンク500mlとエイドのスポーツドリンク少し、CCDジェルをボトルに入れたものを1.5本分くらい。

エイジ3位でランスタート。スタート後、ゼッケンベルトを確認すると片方取れている。走りながら付け直すが上手くいかず止まって直す。ここは焦らずに良いレストと思うように。

身体が重い。寝起きランのような感じだったので、しばらくしたら軽くなることを願ってピッチを刻む。コースは10kちょいを2周回。1周はエイドで止まらずキロ4:50以内をキープできていたが、後半はエイドで止まって身体に水をかけて身体を冷やすもペースも上がらずキロ5:20くらいまで落ちる。補給はなしで水のみ口に含む程度。

キツくなった時、メンバーの走りやセッションのことを思い出し、力をもらいながら気持ちだけは切れないようにプッシュ。本当に力になりました。
もうちょっと走れるかなと思っていたけどこれが実力。

すれ違う仲間と声を掛け合うことができてすごいパワーをもらいました。ありがとうございました!

 

全員笑顔でフィニッシュ!
レース後はクールバスでアイシング。冷えすぎて&小雨で寒くなってしまいました。
マッサージ、ビールはフリー!アワードではビュッフェスタイルのランチ。どれもすごく美味しい!去年は全然食べられなかったけど、今年はお腹いっぱい食べられて大満足。

 

ラプレムからは2名エイジ優勝をされて輝いていました!
KONAもGETされてツアーでのサポートが少しでも役に立てたなら嬉しいです。
私は昨年5位、今年4位。来年は3位以内で表彰台に登れるように頑張ります^^

特に稲田弘選手はどこにいても注目の的!
みんな長く続けることの大変さをわかっているからこそ憧れるのでしょう。
レース翌日も速くなるためスイムレッスンをしました。
まだまだ速くなりますよ!!!

来年のKONAは40回記念大会!
2人のレースがいまから楽しみです^^

稲田弘選手のロールダウンセレモニー!