月別: 2014年2月

大人も一緒に!春のジュニアキャンプ♪

恒例になりました【千葉県トライアスロン連合ジュニアキャンプ】を母校・東海大学付属浦安高等学校にて開催しました!
1393090162

今年度のキャンプで最高人数25名に参加してもらい
保護者の方も一緒にプログラムに参加するなど
とってもアットホームな雰囲気でした♪

子供メインのイベントに大人は参加しないことが
普通かもしれませんが、今回は混じっていただきました。

みんなでやったらより楽しい!
保護者の方に動きの見本になってもらいたい。
という2点の思いがあります。

親子で一緒に運動をする場合、動きを真似することが多いので
いい動きができるようにお声掛けして一緒に動いてもらっていますが、
混じりながら子どものサポートをしてくださりました。

ドロ警された皆様、お身体大丈夫でしょうか・・・?
サポートありがとうございました。

今回の春季キャンプでの内容は
スイムとランのトレーニングとタイム測定。

小学生にもJTU認定記録会があり、同じ距離にチャレンジしました。

今回は正式な認定はされないため、参考記録となります。

トレーニングは遊びながら思いっきり身体を動かす内容だったので、
遊びすぎて本番はちょっと疲れちゃってたかな?笑

初めてタイムを測る子は緊張していたり、
測り慣れている子は明確なタイム設定をしてきたりと
それぞれでしたが、全員が最後まで諦めず泳ぎ走り抜きました。

このジュニアキャンプではとにかく全力で遊んでもらっています。
まずはスポーツを楽しみ、その先に競技として楽しんでもらう。

楽しむためのスタート地点のお手伝いができたらと思います。

1393090167

まずはストレッチをして、数を数えながら腹筋トレーニング!

1393093894

まずは腰掛キック。スイムの基本です。

1393093946

続いて壁キック。これも基本です。
子供はすんなりできますね。

1393090174

泳力別にメニューをこなして、集団泳もやりました。

1393090176

トレーニングの後は、記録測定。
みんなで応援しましたよー♪

1393090178

ラントレーニングも楽しく!

1393090182

スイムとラン、それぞれの認定級(参考)をもらい、
トライアスロンだと何級か?を修了証と共に渡しました。

そしてオリンピアン上田藍選手から、
ぜひ子供たちに!と直筆カレンダーをプレゼント♪

級が全てではないですが、このタイムを上回れるように
日々思いっきり動いて遊んでもらえらたと思います。

ほどんどの子がトライアスロンに出てみたい!
と言ってくれたので、レースで応援できる日が楽しみです。

次回のキャンプは6月の幕張チャレンジトライアスロンフェスタ
に併せて開催予定です。

ぜひご参加くださいね!
3月18日からエントリー開始です。

最後になりましたが、このキャンプを開催するにあたり
快く施設をお貸しいただいた母校に感謝申し上げます。


念願の板キック25m

普段のコーチング活動はチームアオヤマで様々な種目を指導しています。
その中のおひとり、将来トライアスロンに出場したいという
マラソンや登山をされる65歳の方のスイムを担当しています。

2013年4月から指導が始まりましたが、泳いだ経験はなく、
もちろん1mも泳げず、けのび(水泳の基本)では2mもいきませんでした。

まさにゼロからのスタートです。

泳ぐ上で必要なことは【柔軟性】【体幹】【キック】【連動】です。

その方はかなり身体が固く、まずはそこから改善していきました。
水に入っての実技はひたすらキックのみです。
まともにキックができずにちゃんとは泳げません。

まずは25mを板キックで完泳することを目標にしました。

身体は年を重ねるほど柔らかくなりにくいです。
そのため90分のレッスンの中で、ストレッチに一番時間をかけています。

スイムは基本姿勢、ストリームラインが取れることが大事です。
身体が固いと良い姿勢が取れません。
また四肢が力み、無駄な力を使い呼吸が苦しくなり、動きも固くなります。
あとは足首の柔軟性はキックをする上で大切です。

ストレッチの後は【体幹】を使えるように、
使う筋肉にアプローチするエクササイズと
スイム動作を身体に覚えこませるためのエクササイズを行います。

水中では身体の支持点がないため、特に腹筋が弱い・使えないと
上手く泳ぐことができないため、【体幹】は特に重要です。

陸で不安定ならば、水ではもっと不安定になります。

そして【柔軟性】と【体幹】がマッチすると、
【キック】が自然と上達してきます。

トライアスロンの場合、ウエットスーツを着るからキックはしなくても大丈夫!
という声も聞きますが、私はキックを大事にしています。

いい姿勢を取り、体幹からキックを打てると、
水中での姿勢保持ができて、無駄な力を使わずに楽に泳ぐことができます。
また体幹を使い足と腕が【連動】してくると更に楽になります。

大人の方がゼロからスイムを始めるのは大変です。
なので必要最低限のトレーニングで泳げるように
やるべきことを絞って指導しています。

トライアスロンに出たい65歳の方もこの流れで行い、
ちょっとずつちょっとずつ、板キックの距離が日に日に伸びてきていました。

そして今日、雪山登山をされて帰ってきた1ヶ月ぶりのレッスンで
なんと25m板キックを完泳されました!

1ヶ月間過酷な雪山で、できる最低限のトレーニングを宿題として出し、
これをコツコツやっていてくださったこと、
そして時間をかけて身体に覚えこませていった動きを
忘れていなかったことが完泳に繋がりました。

まだ泳ぐところまではいきませんが、
スイムを始めたことで、マラソンにかなり良い影響がありました。
それはまた次回改めて!

たかが板キック、されど板キック。

いくつかポイントはありますが、板キックをちゃんとできるようになると
スイムもあっという間に泳げるようになります。

トライアスロンに出場されるまで、しっかりサポートして、
またゼロからスイムを始めたい方の指導をしていきたいと思います!