2年越し!ワイキキ”タフ”ウォータースイムに出場しました!

ホノルルで開催されるワイキキラフウォータースイムに出場してきました。
昨年も参加したのですが、荒波により中止になってしまったので2年越し!

unspecified-20

今年で47回目。アイアンマンの元となったレースです。
“ラフ”ウォーターと名前がついているので、容易ではないような気が。
参加者は750名ほど。世界各地から集まります!

8:30スタートで5分おきにウェーブスタート。
A〜E(おそらく)まで、5ヒートあります。1ヒート150名前後かと。

距離は3.8kのワンウェイコース。
ホテルニューオータニをスタートして、レインボータワーを目指します。
シンプルですね。
最初と最後に曲がるブイがオレンジで、直線のところは黄色のブイが7~8個。
これを目印に泳ぎます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-%e5%8d%88%e5%89%8d10-52-39

目標タイムは1時間!
100mを1分30ペースで行ければ切れるタイム。
湘南OWSの10k2.5kの感じでこれくらいかなと。

結果は、3.84km/1h40min17/総合121位/年代別6位

1時間40分って!!!
どんだけだ。。

ウォーミングアップでかなり左に流れているのは感じてはいました。
レース中もラフウォーターというくらいだからこれくらいなのかな?と
思っていたのですが、例年以上に以上に潮がきつかったようです。

ワイキキ”ラフ”ウォーターでなく、ワイキキ”タフ”ウォーターでしたね。今年は。

今回は約300人カットオフされて完泳したのは455名。
半分地点で1時間30分かかっている方は続々ピックアップされたようです。
これだけ完泳できなかったのは1984年ぶりだとか!?
ニュースでも取り上げられていました。

泳いだルートをSUUNTO MOVIEで見るとこんな感じ。
波に流されまくりなのか6.7kほど泳いだことに。
普段はまっすぐ表示されるのでかなり流されていたのでしょう。

今回のトップ選手は59分48秒。
OWSでオリンピックに行けるかどうかのレベルの選手らしいです。
競泳選手でロンドン五輪3位の立石諒選手も出場されていて1時間9分台。
女子トップ選手で1時間8分台。
最下位で2時間59分。

例年ならトップは45分〜50分で終えるレース。
レース後にとあるおじさんが「前回より40分も遅かったよ〜」と言っていました。

なぜ今回はこんなにかかったのか?
レース日の潮は以下の通り。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-%e5%8d%88%e5%89%8d11-45-09
大潮
干潮 0:09/16:23
満潮 6:39/18:23

大潮ということは、、流れが強い。
行く方向に流れてくれれば良いのですが、今年は逆流!
+レース数日前にハリケーンが来ていたのでその影響もありました。

長くなりましたが、さっとレースの流れを。
7時にホテルを出て1.5kほどランでアップ。

unspecified-3

テレビクルーも来ていました!

レースナンバーをチェックしてナンバリング&計測チップをもらいます。
ボランティアの方も多くてスムーズです。

unspecified-13

unspecified-12

unspecified-5

7時45分〜8時10分くらいまでスイムアップ!
ルートをチェックし、心拍を上げたり調子をチェック。
最初のブイに行くまでにリーフがあるので、座礁しないように!

波がそこそこあり、沖でボディーサーフィンが出来ました♪
ラフウォーターで一番の収穫はここかも。笑
いつもボディーサーフィンするのは足がつくところなので
足がつかない状態でできたのは嬉しかったです。

右側に見えるのがダイヤモンドヘッド。
後々このダイヤモンドヘッドに苦しめられることに。

unspecified-7

スタート前にいつもラプレムセッションに参加してくださる方と!
現地では一緒にディナーしたり、走ったりさせていただきました。
この方も無事に完泳♪

unspecified-14

私はヒートAからスタート。
見るからに強そうな人がたくさん!

ドローンにアピール♪

unspecified-15

スタート位置は一番右をチョイス。
400mくらい泳いだところでリーフに近づいてしまったので、
もうちょっと真ん中から行けばよかったと反省。

unspecified-16

大砲的な音でスタート!
バトルに巻き込まれることなく快適に泳げました。
ん?置いていかれただけ?

unspecified-17

スタートして最初のブイを曲がると
右手にダイヤモンドヘッドが見えるのですが、いくら泳いでも遠のかない。

黄色い部位を目印に泳ぐのですが、なかなかブイが近づかない。
もしかしてもう次に着いたのかな、一番奥のブイを過ぎちゃったのかも…
と勘違いすることもしばしば。

海の透明度はかなり高く白い砂で水深が浅いので、ずーっと下が見えます♪
ウミガメや魚もたまに見えたそうです!私は必死で見れませんでした。
綺麗な海で泳げるのは贅沢〜でも進まないーーと思いながらひたすら脚&腕を回し続けます。

1時間経ってSUUNTOを見ると4.1kと表示されているものの
まだまだ先に見えるブイは黄色のみ。。
1時間40分もかかりましたが、なんとかフィニッシュ!
たくさん泳げたということで、、、2倍楽しめましたよ♪

14225433_1075437842525789_4203796236729469123_n

今回は泳いでいる時ずっと腰が痛くて、、
これはたぶん前から来る波に脚を持ち上げられていたから。

そのため上手くキックが打ちこめず、
キックもプルも一度も水を捉えた感覚がないまま終わりました。
私はキックを打てないと泳げない泳ぎなんだと実感。

選手時代はブイをつけて腕だけで泳ぐトレーニングをしていましたが
いまはスカーリング程度でプル練はしないので、
腕力が落ちていてこの波に対応できる泳ぎができなかったのだと思います。

反省を踏まえて、翌日はプル強化としてサーフィンをやりました!
なかなか良いトレーニングになりましたよ。

フィニッシュ後はサプライヤーのアイスを食べて、
泳者を待って〜とまったりした雰囲気です。

こちらは表彰式の会場!
来年はここに乗れるように少しプル練習もやろうかな!?
白いTシャツは参加賞♪ダイヤモンドヘッドと夕日がデザインされています。

Waikiki rough water swim!楽しかったです^^

来年は某船長さんによると、潮回りが良いそうで泳ぎやすいコンディションだとか!
歴史あるワイキキラフウォーターを一緒に泳ぎましょう〜♪

もちろん泳ぐだけでなくバイクランもやりますよ!
その話はまた〜