楽に乗り続けられるバイクポジション

バイクを快適に乗るためには、長く楽にその姿勢を取り続けらるポジションかどうか。
人の真似をしても、個人差があるので、楽とは限らない。

自分であれこれパーツを探すのは、時間もお金もかかって遠回り。
(私も自分でポジション探しした時はステムとDHバーをたくさん買いました。。)
なので、プロのバイクフィッターさんに見ていただくのが手っ取り早い!

私はSUN MERIT BIKE FIT STUDIOの伏見さんにお世話になっています。
場所は神奈川の戸塚か東京の虎ノ門。

柔軟性、体幹力を見て、その方に合った最適なポジションへ導いてくれます。

前回受けたのは2019年1月4日。約半年ぶり4回目のフィッティング!
①ロードバイク
②TTバイクに慣れるポジション / クランク155mm(2018/3)
③空気抵抗の少ないポジション/クランク150mm(1/4)
④ランに脚を残すポジション/クランク143mm(7/28)

すでにクランクを143mmにしてる状態ですが、フィッティング前後です。
クランク変更に伴い、ステムの長さとクリート位置を大きくチェンジ。
結果的にアンクリングしにくくなり、ふくらはぎを使わないようになるとのことです。

ステムの長さ、パット位置、バーの長さは何度も試させてもらいました。
とりあえずこの日はこの位置で。実走をして違和感あればまた変更していきます。


     ↓ ↓ ↓ ↓ 


楽に前傾が取れて、窮屈さがなくなり、頭の位置が低くなって空気抵抗が減りました。
長時間乗れるかどうかは乗り込んでみてですね〜

あと、サドルも変えました!
BIKE FIT社が特許を取っている、前後左右が自由自在に動く画期的なモデル。

私はお尻幅をすこし広げていただきました。
骨盤の広さは女性男性違いますが、このサドルは調整が効くので、誰でも合うようにできる優れもの。

実際ラプレム女性陣もこのサドルに救われています!
お尻が痛いと長く乗れませんからね。

ポジションだけでなく、必要なストレッチ、トレーニング、乗り方も教えてくださいます。
より楽に乗れるようになりたい方は、フィッティング受けてみてくださいね。