カテゴリー: トライアスロン

2019 IRONMAN 70.3 HAWAII レポート

3回目の出場になるIRONMAN 70.3 HAWAII。通称HONU。ツアーも3回目。
過去2回完走するも制限時間に僅かに足りなかった方の卒業レースになるか?
2回目の方は去年の自分に勝てるか?初参加の方は無事にフィニッシュできるか?私はコナに届くのか。
ワクワクウキウキ、ドキドキな気持ちでハワイへ!

半年前くらいからセッションや合宿を重ね、現地でもセッションを行い、できる限りいつも通りスタートできるようにサポートしていきました。
楽しく笑顔で元気に終われるように。それが一番大事。

◆結果
5:03:39  30-34  2位 /  女子7位 /  総合59位
SWIM 29:19
BIKE 2:43:04
RUN 1:46:23

スイム、バイクまではトップ、ランの最後2kmくらいで交わされてしまい、1位と59秒差で2位。コナのスロットは1つで獲得ならず。今ある力は出し切れてこれ以上のレースはなかったと思う。事前にあれができていれば、、という気持ちは少しあるものの悔いはなし。
昨年は5位から今年は2位。10分短縮。順位を見ても昨年101位から59位と速くなっている。まだまだ強く速くなれる。また次に向けて頑張る。

3度目のチャレンジの方は大幅にタイムを更新されて完走!初チャレンジの方はタフなコースに洗礼を受けるも楽しまれて完走!女性1名がバイクの関門に届かず。トライアスロン歴2年目、50代からのチャレンジ。来年リベンジしたい、と言ってくれているので1年計画で完走へサポートしていきたい。


◆大会まで
4/14の宮古島後に風邪を引いてしまい、4/27までノートレ。4/28からのGWセッションで徐々に動き出す。宮古島に向けてのトレーニングである程度のベースはできているので、5/10のデュアスロン(BIKE20km+RUN5km)で高強度練習。そこそこで走れたものの、次の日右膝に違和感が。5/12の葉山トレラン時も痛みがありショートカット。オムロンのマイクロカレントでケア!5/15もデュアスロンを走り、ランタイム向上。痛みもなし。
club Lapulem練で荒川バイク、デュアスロンをしたり、日産スタジアムで1000×8本のランポイント練をしたりと急ピッチで仕上げる。セッションとチームのおかげで最低限のトレーニングをこなすことができた。皆さんありがとうございます!!

 

◆ハワイ入り〜レース前日

火曜:ハワイへ移動。軽くランして、クールダウンのOWSでウミガメとツーショットが撮れた!幸先良い!

 

水曜:バイクコース90kmサイクリング。調子が良くて上げすぎないように気持ちを抑えて走る。夕方からお客様と合流。軽く泳いで身体をリフレッシュしてもらう。夕日を見ながら乾杯!グリーンフラッシュ(水平線に太陽が落ちる際に緑色の光を放つ)という年に数回しか見ることのできない現象に遭遇。その後も美しかった。星も満喫。

木曜:オフィシャルホテルのフェアモントから11km先のスイム会場のハプナビーチまでバイクで。行きで1名パンク。何かが刺さったみたい。ハワイ島は路肩にタイヤのワイヤー、溶岩、ガラスなどたくさん落ちていてパンクしなければラッキーなくらい。私はMAVICのUST(チューブレス/刺さってもシーラントで穴を埋めてくれる)なので安心!
海は透明度抜群!泳いでいることを忘れるくらいの綺麗さ。40分ほど泳ぎまたバイクで戻る。スタートして2kmくらいでまた1人パンク。特に刺さってはいなかったが、小さな穴が空いていた。この方はレースでもパンク。

お昼前からバイクコースを車で試走。折り返しのHawiまでの登り、折り返しのポイント確認、Pololu Valley、カメハメハ大王、ランチしてホテルへ。牧場のアイスを楽しみにしていたがお休みで食べられず。

15時から説明会。17時から3〜8kmランセッション。ホテル近くのペトログリフを見て、実際のランコースを走ってイメージを高める。

プールでクールダウンしながらサンセットタイム!


金曜:午前中は各自フリー。オフィシャルホテルのフェアモントがT2になっていているのでランギアをセットする。14時、バイクでT1(ハプナビーチ)へ向かいバイクセッティングを行う。去年まではフリーラックだったが今年からバイクを置く場所が番号順に。これが唯一の変更点。
シャトルバスで戻り17時30から夕食。19時前には解散。WELEDAアルニカマッサージオイルでケアしてリラックスして、イオンドクター付けて足を温めつつ21時には就寝。

 

◆レース当日
3:00起床。ストレッチしつつアグレッシブデザインのファイター(日焼け止め)を塗る。5度塗りくらいして入念に。朝食は炊飯器を持参しているのでご飯を炊く。水分塩分補給も兼ねて今回はお茶漬け。あと味噌汁。

4:25ロビー集合。4:30からシャトルバスが出ているのでそれに乗車して会場へ向かう。ロビーで撮影した動画を移動のバスで編集!気持ちに余裕有り。

T1は到着してすぐはやや薄暗くヘッドライトがあると良い。5:20過ぎには明るくなる。早速1名パンク!空気を入れすぎていたのか?レース中じゃなくて良かった!メカニックですぐ直してもらえたそう。サポートするためT1を動き回っていたら車止めに何度か足が突っかかった。ランシューズを履いているので問題ないが、サンダルだったらかなり痛かったと思う。足保護のためランシューズを履くと安心。今回はカテゴリー毎にバイクが並んでいるので、事前に強い選手をピックアップしてバイクをチェック。落ち着いた頃5:45くらいにバナナ1本。

6:00ビーチ集合。いつものストレッチ、軽くビーチランしてアップ完了。ハイタッチしてみなさんのスタートを送り出す。緊張とワクワクの瞬間!

 

◆SWIM 29:19   カテゴリー1位、女子2位、男女昨年14位/今年7位
スタートはカテゴリー毎に4人ずつのウェーブスタート。6:30に40-44男性がスタートして私のスタートは7:15。6:55から約10分、いつものルーティーンで泳いでアップ。アスリチューンポケットエナジーぶどう(105kcal)を摂取。コースレイアウトは長方形で右回り。アナウンスで曲がる角の赤ブイ手前のオレンジブイは回らなくて(目安)OKと聞く。知らなかったらかなり大回りして損していた。

私はウェーブの一番後ろからスタート。日本人女性で初HONU女性2人と話してスタートを待つ。カテゴリー分けがないスタートなら前からスタートした方が抜く手間がないが、ウェーブ毎なので後ろを選択。理由はスイムでは恐らく先行できる。バイク、ランで抜かれた時に付いていき私が先にフィニッシュすれば1位とわかるため。
赤いブイ2つ目を過ぎてから同じ色の黄色キャップの選手に付かれたが、次のブイで差を広げて1人になる。最後のブイは黄色。それだけを見て真っ直ぐのコース取りをする。泳いだ距離は2005m。女子1位とは3秒差。全体7位。

◆T1 2:48
バイクにかけておいたバイクギア袋(中身なし)にスイムスーツ、キャップ、ゴーグルを入れてその場に置いてバイクスタートの方へ走る。トランジションの地面に物を置いてはNG。ヘルメットにサングラスを置いて、バイクシューズは予め付けておく。バイクギア袋はスイム→バイクの間に預けなければならない、と前日の説明会で言われたけどそれは間違いだったようで、バイクにかけてOKだった。バイクシューズはDHバーに刺しておく人もいれば、バイクギア袋に入れる人も。マウントラインは坂の途中!なかなかの斜度。ギアは一番軽くしておいて、ボランティアの方に背中を押してもらってスタート!

 

◆BIKE 2:43:03  カテゴリー3位、女子16位、男女今年159位/昨年264位
90kmをぐるっと1周回するシンプルなコース。完全交通規制はされていないが気にならない程度。行きは上り基調、帰りは下り&ちょっと上り。90kmで獲得標高は500mほど。ただダラダラ登る坂にコナウィンドウと呼ばれる風が吹くと結構キツイ。折り返しのHawi手前で嵐を感じるヒヤッとした強い風が吹くも、3回出場した中でも全体的には弱かったように思う。上りでメンバーさんや日本人に声をかけて走る。折り返すまでに女性5人くらいに抜かれ、そのうち45-49女性が2人ほど。1人は途中まで付いて行けたけど下りになって置いていかれる。バイク強くてカッコ良い!
57km地点で同じカテゴリーの選手(ピンクウェア)に抜かれる。体型を見るとランはあまり走れなさそう。無理に付いていかずマイペースに。心拍は150前後を目安に。

エイドは5箇所。水のみもらう。水、ドリンクはペットボトルで用意されている。1箇所目はスルー。暑くないけど2箇所目から水をもらい身体にかける。給水ドリンクは全部で3本。エネルギー摂取のためチャレンジャーを2本。経口補水ドリンク1本。実際飲んだのはチャレンジャー1本と経口補水ドリンクを3口くらい。その他の補給はアスリチューン4つをフラスコにいれたものを半分くらい。

今回は上りでも比較的DHポジションで乗れてケイデンスは100前後。あっという間の90kmだった。下りで横風が怖くてベースバーで走ったけれどタイムは昨年より10分短縮。

◆T2  2:05
バイクを置いてランギアのところへ。前日場所をチェックしていたものの、当日になると鮮明には覚えていない。焦らず探してロスを最小に。ボランティアの少年とハイタッチをしてスタート!バイクで同じカテゴリーのピンクウェアの選手に抜かれたものの一番後ろからスタートをしたので、バイク終わりはトップだったよう。

◆RUN 1:46:23  カテゴリー3位、女性11位、男女全体71位/昨年76位
ランは2周回。走り出しは脚が軽い!ランコースはゴルフ場。大半が芝生でカート道、平坦ロード4km。3度目になるが、急なアップダウンがあるカート道が一番キツイ。ここでペースを落とさないのがポイント。ランシューズはasicsのターサーかDS トレーナー24にするか悩み、ソールの硬さがあるDSをチョイス。良かったと思う!

去年よりも暑かったみたいだが、ランもそこまで暑さを感じずに走れた。マレーシアとプーケット効果?エイドで水をかけて、紙コップに入った氷をもらい手に持って頭にかけたり食べたりして暑さ対策。ボランティアの方が明るくて元気もいただく!メンバーさん2人に声をかけ、日本人選手とも声を掛け合う。これが力になる。

約6km地点で女性に抜かれる。かなり走れている。後ろ姿だとナンバーが見えないので7km地点のすれ違いでチェックすると25-29とわかりホッとする。その選手をチェックしたら次は同じカテゴリーの水色の選手が迫ってきていて結構走れている。事前にチェックした強い選手だ。バイクで抜かれたピンクウェアの選手は9kmくらいで抜いてトップをキープ。

2周目に入るところで水色の選手より私が50秒早くスタートしていると情報をもらう。抜かれても50秒以内でフィニッシュすれば良い。2周目に入り給水はコーラを飲む。去年ゲーターレードを飲んで気持ち悪くなったのでコーラのみ。段々カート道がキツくなってくる。アスリチューンの新作カフェイン入りを半分飲んで(ゼリーなので食べて)気持ちを切り替えるが、平坦ロードの残り4kmで水色選手にパスされる。何とか50秒以内で粘りたい。ここでもう半分摂取。宮古島ではこれを30km地点で摂ってから更に走れたのでそれを期待!するも身体は思うように動かない。(あとでタイムを見るとラスト5kmでペースダウンしている)姿はだいぶ見えなくなってしまったので50秒以上開いてしまったかもしれないけど、何が起こるかわからないので最後まで集中して走る。マレーシアの時はそれができなかったけど、今回は気持ちは切らさず走れた。

フィニッシュは笑顔を常としているが、一番でフィニッシュ出来なかったからか俯いてしまった。心拍は上がって終えられたので力は出し切れたと思う。時計は一度も見ず。練習の感覚で。

フィニッシュ後、知り合いの日本人選手と話したり、水色選手と話したり。あなたのおかげで良いレースができたわ!のようなことを話しかけてくれて、私もそう思ったので嬉しかった。おそらく初めてのコナのようで、心からおめでとうと伝えることができた。また彼女と良いレースができるようにしたい。

終わったらビールとバーガーチケットをもらえる。すぐにビールが飲める身体ではないのでそのままメンバーさんの応援!みんなきつそうだけど笑顔で応えてくれて楽しそう♪

2年越しのフィニッシュ!!

タフなコースな分達成感も大きいと思う。2度、3度と参加したくなるこの大会。リピーターは私含め4名。この大会はコース、人、雰囲気ととても魅力的。アワードパーティーも盛り上がる。日本でも島で開催される大会はこんな雰囲気。レース後はのんびりできると良いですよね。

 

◆レースを振り返って
最後のペースダウンは練習不足。現地の過ごし方は良かったと思う。宮古島後に風邪を引いてしまったのが計算外。原因は帰りの飛行機でマスクを忘れてしまい翌日から体調が悪くなってしまった。風邪を引かなければもう少し練習できたかな、とは思う。マレーシア、ホヌとあと少しコナに届かなかったので、日頃の生活から気を付けて体調・トレーニング管理をしていく。次は10/26のIRONMAN Malaysia。

バイクはポジションとトレーニングを変えてさらに空気抵抗の少ないフォーム、少ないワット数で速く走れる身体作り。ランは走り込みとスピードアップ。これから暑くなっていく中でどう練習していくか。そういう試行錯誤を楽しみつつ次のレースの準備が楽しみ。

来年のホヌに出るかはまだわからないが、35-39での出場となる。今回35-39でトップだった選手は女子全体2位で4時間53分。昨年は30-34の1位で4時間56分。4時間50分を目指したトレーニングが必要。
カテゴリー分けされている大会に出ると負けられない、という気持ちが湧いてくる。また良い勝負ができるようにチャレンジしていきたい。

翌日はみんなで観光!イルカに会えてラッキー!コーヒー農園、チャンピオンシップのスイムコースを泳いで、サンセット見て。
レース前後も楽しめて最高のツアーになりました。次はどこ行きましょうかねー!!

   


★使用機材
・SWIM
ラプレム トライアスロンウェア
TYR SPECIAL OPS 2.0 TRANSITION クリアゴーグル
TYR TORQUE PRO
SUUNTO 9(バッテリー25時間で安心)
アグレッシブデザイン ファイター(落ちない日焼け止め。レース後火照りなし)

・BIKE
CEEPO VIPER-R  Sサイズ(小柄な女性でも乗れるTTバイク)
MAVIC コスミック プロ カーボン SL UST(パンクしにくい!強い味方)
MAVIC シークエンス SL アルチメイト シューズ ウィメンズ
OGK FLAIR(kabuto史上最軽量!涼しくて快適)
OAKLEY  EV ZERO

・RUN
asics GEL-DS TRAINER 24
ラプレム ランキャップ


2018 IRONMAN MALAYSIA レポート

ラプレムからは11名が出場。
私は初アイアンマンなので、全てを楽しむ!
準備期間・レース・レース後も元気でトータルでは大満足!!
11時間30分04秒。カテゴリー3位。女子エイジスイムトップを獲得。

沿道、ボランティアの方に支えていただき完走できました。中高生くらいのボランティアが多かったような気が。1日ありがとうございました!

私のカテゴリーのスロットは1つ。ロールダウンセレモニーで1つ降りてきて2つに。私は3位。3分30秒足りずコナに届かず。準備不足、気持ちの弱さを実感。この差を冬の走り込みで埋めていく。

トレーニングを再開して1年。やっと脚の痛みが出ずにレースを終えられた(6月のハワイまでは痛みあり)ことがこの1年の収穫。健康第一!
次のアイアンマンは来年のマレーシア!目標は10時間30分!その前にフルマラソン2本→宮古島!


目標
・11時間切り、日没までに戻る→未達成
・笑顔でレースを楽しむ→OK
・レース後も怪我なく終える→OK

結果
11:30:04
SWIM 54:47(55:00)()は目標タイム
BIKE 6:00:04(6:00:00)
RUN 4:28:49(3:55:00)
T1  3:12
T2  3:11


★レースまで

月曜:10時に成田発。21時ランカウイ着。初めての国でまずやることは挨拶を覚える。
おはようございます→スラマッパギー!
ありがとう→トゥリマカシー

火曜:お散歩朝ラン5km涼しい!昼は30-32度くらい。日本の猛暑に比べれば全然暑くない。海で泳いで、バイク組んで、街をプラプラ。前週に体調を崩していた&生理になったばかりなのでしっかり身体を休ませる。

水曜:7:00朝食。9:30からバイクコース試走132km。レース前の距離ではないけど、コースがわからず乗るより良い。約70km地点で寄ったスイム会場でセキュリティーの方に水をいただき命拾い。トゥリマカシー!お金を忘れ補給食を持たずライドだったので最後はヘロヘロに。
少し路面が荒いからか前腿が重だるい。プールでクールダウンして回復!レース当日は空気圧を下げたら脚は大丈夫だった。下見大事。夜仲間が合流!

木曜:7:30からスイム会場で試泳。片道約500mコースを3往復で約3000m。1周目は全然スカスカ。2周目でコナ3回優勝のグレイグ・アレクサンダー選手と泳げて良い練習に。3周目で水感が戻る。レース前はたくさん泳げると私は調子が上がる。

選手受付をして、エキスポ巡り。CO2ボンベを購入。CEEPO目立ってました!
オフィシャルホテルからはシャトルバスが出ているので移動は楽チン♪

夕方涼しくなってから軽く8kラン。心拍135でキロ5~4分45で走れる。良い感じ!夜はパーティー。日本選手はマレーシアに次ぐ2位で280名くらい。トランジションのバックを用意して就寝。

金曜:朝のんびり。10:15から日本人説明会。みんなで写真!テンションアップ!
午後はバイク預託のため16kmライド。夕食をみんなで食べて21時頃就寝。


★土曜:レース当日
3:30起床。ストレッチしながらアグレッシブデザイン/日焼け止めを塗り塗り。

4:00朝食。レストランのココナッツパンケーキを食べる予定が当日はなく、フレンチトーストを5切れとフルーツ。去年のプーケットでついいろいろ食べたら、スイムのアップで吐いてしまったので余計なものは食べない。

5:00タクシーでスイム会場に移動。途中故障で止まるバスを見かける。メンバーさんが乗っていて後から聞いたらみんな穏やかでなんとかなるでしょ〜という雰囲気だったそう。そんな余裕がアイアンマンには必要。

6:30ミドル組と7:15ロング組で集合写真!あとはやるだけ!ENJOY♪
7:20-7:35スイムウォームアップ。手前は混雑、奥に行って泳いでしっかり身体を起こす。

70.3は7:00スタート!スタート前は雷ピカピカ。荒れた天気になるのかな?

アイアンマンは7:52くらいからローリングスタート!


★SWIM(54:47)
泳力ごとに4名ずつローリングスタート。1h15以内のエリアに並ぶ。U23代表仲間と話してリラックス。
アレクサンダー選手とMCの方がハイタッチされていたので私もハイタッチしてからスタート!

コースは三角の1900mを2周。波はなく20m間隔くらいで赤旗が立っているのでかなり泳ぎやすい。赤旗に沿って泳ぐ。1周目はひとりで快適♪26:31でまずまず。

2周目、泳力が同じくらいの選手でパックになる。大きい外人さんに真横に付かれる。かなり重い。前の人は赤旗ラインをしっかり泳いでいる。抜きたいけど抜けない、外人が重い。ペースダウンしているのがわかる。最後のブイを回って後ろにいなくなったのでペースが戻る。やっぱひとりが泳ぎやすい。

ラスト500mくらいから1周目の人に追いつく。平泳ぎ多数のためヘッドアップ多め。避けつつ泳ぐも一度ふくらはぎに平泳ぎがヒット。慌てずに〜。楽しくスイム終了!


★BIKE(6:00:04)
トランジションで自分のバイクをスルーしてしまう凡ミス。心拍を常に見たいので、DHバーに時計をつけてスタート!

コースはほぼ同じコースを2周回。獲得標高は1500-1600mほど。房総を走っていればきつくないコース。逆に平坦が多くてきつかった。心拍は145前後を目安に。

 
スタート4km後くらいして左に曲がり往復約20km区間のモンキーゾーンに入る。猿とアップダウンがあるエリア。前にスタートしている70.3の人なのか落車してズル剥けの人をたくさん見かけてビビる。落車だけはしないように安全第一で走る。仲間を見つけて一安心。
20km手前くらいで一気に空が暗くなりびゅーーーーっと風が吹き一気に土砂降り。下りはビビり度MAX!40kmくらいで晴れ上がり今度は太陽サンサン!

30-50kmはほぼひとりライド。本当にこのコースで良いのか?と思うくらい。52kmから始まる坂ゾーンでは歩く人、転ぶ人を避けながらマイペースに。ラプレムスタッフにみんなの様子、同じカテゴリーの人との差を教えてもらい、日の丸をもった応援の方に力をいただく。坂を終えると平坦になりまた一人旅。

105kmくらいから腰が張り始める。まだ序盤なのに。エイドでもらう冷たい水を腰&脚かけてみる。脚が一気に軽くなる。すると今度は130kmからはお腹が痛くなる。134kmで同じカテゴリーの女性に抜かれる。ここで抜かれるということはバイク終わりで5分差くらいかな?となんとなく計算。付いていけないのでマイペースに。
お腹をなんとかしたくてエイドでスポーツドリンクをもらってみる。微炭酸の100%というやつ。美味しい!なんとなく気が紛れる。
150km地点で2度目の坂ゾーン。坂でリラックスできたのかお腹も痛くなくなる。残りは心拍を見ながら走って6時間でバイクフィニッシュ!心拍は予定通り。バイク楽しかった!
バイク→ランのトランジションは空港敷地内で冷房が効いていて涼しい〜靴下履いて、トップスを袖なしに着替えてランスタート!


★RUN(4:28:49)
コースは2周半。1周約16km+9km。ドフラット。フィニッシュは海沿い!そこを2回スルーして3回目でおしまい!目標はサブ4で走る。キロ5分30。心拍145-150。

ランスタートで同じカテゴリーの選手(下の写真イエローウェア)とほぼ同時にスタート。どっちが早くスイムスタートしているかわからないけど、とにかくこの選手より早くフィニッシュすればコナに行ける。

走り出しはかなり脚が軽い!速く走らないようにゆっくりゆっくり。ボンバーズの先輩が応援してくれて力をもらう。トランジションでトイレを見逃したので最初のエイドでトイレに寄る。1km毎のオートラップで最初の2kmはキロ5を切っている。まずいまずいもっとゆっくり。ウエストボトルをつけて時々水を氷を補充して身体にかける。20kmくらいまでは5分30キープ。一緒にスタートした選手とは抜いたり抜かれたり。

憧れのスポートフォトグラファーDellyさんに写真を撮っていただいていた!!一生の宝物!

仲間は元気!日本人の方に声をかけながらパワーをもらいながら一歩ずつ。

1周半を終える手前くらいから脚が重くなって少しずつペースが落ち始め、エイドで水をかける時間が増え、水分補給でスイカを食べ始める。エイドの間隔は2〜3kmごとなのだけど、徐々に次のエイドが遠く感じてボトルに毎回水を補充するようになる。

暑さ対策として手に氷を持って走る。これは効いた気がする。あとはスポンジをたくさん肩に挟む。あんまり変わらない気がするけどロングっぽいので取り敢えず挟む。ちなみにエイドで2〜3kmごとに冷たい水を浴びれるので暑いけど暑くない、そんな感じ。

ラスト1周に入るエイドで身体にシューっとする鎮静剤をかけて脚の回復を図るも効果なし。海沿い1kmの砂地でさらにペースダウン。一緒にスタートした選手がさーっと前に行ってしまい気持ちが切れる。。30km過ぎから3回くらい歩いてしまった。後々大反省。でもこれが実力。残り9kmくらいで歩いたところでメンバーさんに抜かれてまた走り出す。抜かれなかったらもっと歩いていたかも。

日没までにフィニッシュが目標だったけど、残り5kmくらいですごい綺麗な夕焼けを見る。情けない。身体はきついけど心拍は130くらいまで落ちている。フィニッシュに近づくに連れて応援が増えて脚が少し軽くなる。
70.3に出ていたメンバーさんが迎えてくれて最後の100mくらいは情けなさはすっかり忘れすごく楽しかった!!笑顔でフィニッシュ〜!アイアンマンになれた!
 
後半エイドでたくさん休憩しているのがよくわかる。。
レース後すぐにリカバリーのサプリ、プロテインを摂取。マッサージを受けてアスリートラウンジ?でパスタ・かぼちゃスープ・アイスを食べながら日本の選手と談話。色々と勉強になる。メダルずっしり。
オフィシャルホテル(フィニッシュから部屋まで300mくらいで楽チン)に宿泊していたので、一旦部屋に戻りシャワーを浴び応援に行こうも身体が動かない。ちょっと休憩と思ったら2時間くらい睡眠。。1時の制限時間前に起きれて、フィニッシュに向かいメンバーさんと再会!笑顔でひと安心!全メンバーさんを迎えられなかったのが心残り。
1時30くらいに元気な人で集合して乾杯!みんな元気!


★レース翌日

10時からロールダウンレセモニー。来年に向けて見に行く。30-34はコナのスロットが1つだったけど、60-64?の女性の分が30-34に降りてきてスロットが2つに。2位と3分30秒差。歩かなければ・・・という思いも過るけどただの実力不足。コナをGETされた方はみんなキラキラされている!

夕方からのアワードも楽しみました!

素敵な写真を撮ってくださったDellyさんと!バイクの写真も送ってくださいました。
Dellyさんはトライアスロンの写真を撮ることがIKIGAIだそうです!!



★レースを終えて
マレーシアに向けての時間を共にしたことでより楽しい旅に。全員元気に戻って来れたことが何より嬉しかった。レース後は1〜2人しか来年もマレーシアに出る!と言っていなかったけど、打上げでレースの話、次のレースの話をしているうちにほぼ全員来年もマレーシアに出る!と。きつかったことより楽しかったことの方が大きかったのでしょうね。

私もメンバーのみなさんと一緒にレースに出れて本当に楽しかった!!仲間に感謝。トゥリマカシー!
ランの後半で失速してしまったけど、怪我なく笑顔で楽しめたので大満足。最初から上手くはいかない。次のレースで最後まで走りきれるように練習方法を工夫してコナを獲りに!

来年はマレーシアに再チャレンジ。一緒に行きませんか??


★使用機材
・SWIM
ラプレムオリジナルトライアスロンウェア
TYR SPECIAL OPS 2.0 TRANSITION クリアゴーグル
TYR TORQE PRO スイムスーツ
SUUNTO 9(バッテリー25時間で安心)
アグレッシブデザイン ファイター(落ちない日焼け止め。レース後火照りなし)

・BIKE
CEEPO KATANA Sサイズ(小柄な女性でも乗れるTTバイク)
MAVIC コスミック プロ カーボン SL UST(パンクしにくい!強い味方)
MAVIC コスミック アルチメイト トライアスロンシューズ
OGK FLAIR(kabuto史上最軽量!涼しくて快適)
OAKLEY

・RUN
asics NOOSA FF


2018銚子マリーナトライアスロン大会レポート

晴れで北風!絶好のトライアスロン日和!
club Lapulemは大人も子供も全員完走!

10秒もすれば誰かとすれ違い、ずっと楽しく走れました♪
みなさんの写真を見ても笑顔ばかり。仲間と一緒にレースに出るとより力が発揮できますね!

今回の銚子大会では、以前は制限時間オーバーだった方が余裕を持ってフィニッシュできたり、デビューが無事にできたり。
みなさん練習の成果をしっかり出せていましたよ。痛みが不安だった方も大丈夫!

大会スタッフ、マーシャル、ボランティアみなさんのおかげで楽しい1日に。
ありがとうございました!

私の結果は女子2位。総合20位。
2:22:17
S     19:47(4)
B  1:19:37(87)
R     42:53(26)

レースのモットーは声をかけつつ応援に応えられる余裕を持って笑顔で楽しむ。
それをバッチリできて大満足!

去年の銚子の応援でみなさんの走りに刺激をもらい、自分も走る方で一緒に楽しみたいと練習を再開して1年。
メンバーさんとハンデ有りの真剣勝負!!このおかげで練習からも楽しめました。


★スタート前
大潮、干潮後にスタートのためビーチラン長めの750m2周回。
アップでしっかりビーチランして心拍を上げる。
みんなで談笑。リラックス〜♪

小学生、中学生の応援!
みんなカッコ良かったよ〜!!

★SWIM
一番左側からスタート。周りにつられないようにマイペースに。
ドルフィンは息が上がるのでできるだけ少なく。ブイを目指して真っ直線に!

2周目に入りドルフィンを2回したら息ばっくばく。すぐ泳いでリカバリー。
泳いでいる心拍は取れていないのですが、スイムフィニッシュはHR175。スイム中は感覚的に165くらい?

2回目の上陸はギリギリまで泳いでドルフィンなし。
いつもは砂に手を付いたらドルフィンを1~2回するのですが、泳ぎをちょっと変えてかなりギリギリまで泳いでそのまま走ってトランジションに!

Gradfive Wetsuitsウエットスーツは速い速い!泳力以上の力を発揮!
トランジションに向かう途中スイムキャップを落として(凡ミス)取りに戻る。アクシデントがあっても冷静に。

★BIKE

宮古島、ハワイと後輪のブレーキシューが当たっているような気がしていた(実際止まってリスタート)ので、今回は反省を生かしてバイクをセッティング。

マウントラインを越えて乗車しようとしたら、前の人がふらついて接触しそうに。
こういう時は抜き去ってから乗ること!レースしていないと身体が忘れてしまいますね。

1周10kmを4周回。アップダウンがあるけど房総より楽。メンバーさんに声をかけて無事を確認!
ふと横を見ると海が綺麗!最高ー!

3周目折り返し手前で女子選手に抜かれて2位に。気にせずマイペース。4周目行きで補給食摂取、そんな暑くなかったけど水を一応身体にかける。

平均心拍HR154とショートにしては息はそんなに上がらず(上げられず)ミドル〜ロングペースで終了。

★RUN


ピッチ重視(190くらい)で淡々と。
平均心拍167。それ以上の心拍で練習していないので練習通りの結果。
平均ペースは4分14。ミドルまでなら行けそう。ロングは心拍150-155がターゲット。

ラプレムのみなさん、稲毛の方々、コーチングさせていただいた方々に出来るだけ声をかけて楽しくラン♪

沿道からはたくさん応援いただき力になりました。
大会MC青山コーチ、ゲスト庭田さんにたくさんアナウンスしていただき感謝です。

エイドでは2?3周目くらいから安藤塾の子達が手渡しでドリンクを配ってくれていました。ありがとう!

フィニッシュ後はメンバーさんの応援!みんな笑顔で楽しそう!全員無事完走!

表彰式!
副賞は干物セットと青山コーチプロディースのスイッチジュース
ジャンケン大会も盛り上がっていましたよ!

メダリストたち!!各エイジ3位までいただける可愛いメダル!

選手のみなさん、大会スタッフのみなさまありがとうございました!
また来年みんなで出場します。

レース当日は銚子に宿泊してのんびり〜。
翌日は散歩or朝ランor睡眠。軽くバイクライド。海鮮を堪能しました!


★使用機材

・SWIM
gradfive ウエットスーツ
ラプレムオリジナルトライアスロンウェア
TYR SPECIAL OPS 2.0 TRANSITION クリアゴーグル
SUUNTO 9(バッテリー25時間で安心)
アグレッシブデザイン ファイター(落ちない日焼け止め。レース後火照りなし)

・BIKE
CEEPO KATANA Sサイズ(小柄な女性でも乗れるTTバイク)
MAVIC UST(パンクしにくい!強い味方)
MAVIC コスミック アルチメイト トライアスロンシューズ
OGK FLAIR(kabuto史上最軽量!涼しくて快適)
OAKLEY ZERO
SUUNTO SPARTAN URTLA SPORT (メーター)

・RUN
asics TARTHRZEAL 6


第9回館山わかしおトライアスロン大会 2018

タテトラ!
今年は子供大人と総勢40名くらいで参加してきました!!
ラプレムだらけで応援楽しかったです♪

なにより全員無事に泳ぎきり乗って走って、笑顔で戻ってきて良かった!!
写真を絞ろうと思ったのですが、、全員の笑顔を見ていただきたくて!たくさんアップします♪

今年も雨…スタッフみなさんのご尽力のおかげでスタートすることができました。
ボランティアの方も1日寒い雨、次第に晴れて暑い中ありがとうございました。

 

帰りにはすっかり晴れて綺麗な夕焼けを見ることができました。
来年はきっと晴れ!またみんなで参加します😊

 


IRONMAN 70.3 JAPAN 2018の応援に行きました♬

セントレアの応援へ行きました!

club Lapulemのメンバーは12人が出場しました。
全員スタートに無事に立ち、笑顔で戻ってこられて本当に良かったです。

次はこうしたい!と思うことがあればトライアスロンライフは楽しんでいけるでしょう♪

ランの応援地点でボランティアの方といろんな話をして、改めて大会を開催していただける有難さを感じました。
常に笑顔で感謝の想いをもって走れるようにしたいですね

次はタテトラ!前日OWS講習&当日ストレッチを担当します。
出場される方は準備万端でいらしてくださいね〜♪

選手、スタッフ、ボランティアの皆さん、お疲れ様でした(^^)