カテゴリー: レース

関東選手権レポート(パンクによりDNF)

9年ぶりに関東選手権に出場しました!
10/10予定のコナが延期になったので、2つの目的を持って関東選手権に出ることを目標にトレーニングしてきました。

①モチベーション維持
②ランニング強化
※最後に成果を書いています

上位3名(既に権利を持っている選手を除く)が
11/8にお台場で開催される日本選手権の権利を獲ることができます。

川崎港東扇島トライアスロン の一般の部の後に実施されて、
キッズ、ジュニア、エイジ部門にはラプレムからは約25名出場されました。
初レースのキッズも無事完走!
やはりレースは楽しい!!開催にご尽力いただいた皆様ありがとうございました。

今回の距離はスイム750m、バイク20km、ラン5kmのスプリントで開催!

右側5番目からスタート!(写真で見ると左から5番目)

スイムは思いの外泳げて、27名中10番手くらいで上がる!
1周目は7番手。前の選手見てこの位置ーーとワクワク!

スイムはOWSセッションと豊洲にあるアシックス低酸素ジムで。
7、8月は海とプールで8回、9月はなるべくプールに行って14回。
標高2000m相当の酸素濃度の50mプールで泳いでいて、苦しさだけは慣れていました!!
(動画は25mプール)

バイクは第3集団!

このメンバーなら(第1.2集団、第3も数名は既に権利保有)ラン勝負で日本選手権に行ける!
と思った矢先、速攻でパンク。。
わずか13分くらいでレースが終わってしまった。
応援してくださった皆さん、ありがとうございました!

予備ホイールを置いておける場所があるのですが、用意しておらず。
(エリートレースではパンク修理セットは持たず、ホイールを置いておける場所があります)

この場所に戻ってきた時は第4集団と1人に抜かれた後だったので、
交換して間に合うかどうか分からないけど、可能性がゼロではなかったかもしれない。

練習でほぼパンクしたことがなく、パンクなんてしないでしょ!

と思っていたのが良くなかったですね。
鋭利なもの?を踏んでしまって、7mmほどザックリとサイドカット。。

パンクはするものと思って、常に用意をしなければならない、のが今回の教訓。
スプリント距離でのパンクは致命的。

エイジレースに出るみなさんはパンク修理セット必須ですよ!!
十分に練習したのにセットを持っていない、持っていても修理できないでレースが終わるのは悲しいです。

今回は悔やみきれない。
ただ今回のチャレンジはロングへ活かすことができるので、決して無駄ではなかった。

悔しさは原動力になる。チャレンジし続ければまたチャンスはやってくるはず!

エリートで活動していた時に一緒にレースしていた同世代!
今回一緒に走ることができて心強く、そして楽しかった。
みんなの頑張りを見て力をもらえる。

日本選手権がんばってね!!


2つの目的の成果!

①モチベーション維持

やはり目標が合った方がハリが出る!
9月中旬まで出られるか分からない状態でしたが、出る前提でトレーニングを。
インターバルや坂ダッシュなと高負荷練習も取り入れた。

また8/20にIRONMAN 70.3 セントレアにエントリー!
それからレースペースを想定したトレーニングもやり始めて、
自分の成長度を見ることができて練習が楽しくなってきた。

走るのが楽しくなるポイントは人それぞれ。
3年前は今より6kgくらい太っていて、最初はゆるり走って体重が落ちてくるのが嬉しかった。
そしてだんだん速く走れるのが楽しくなってきた。

セッションでもインターバルやって、ちゃっかり私も練習させてもらっています。
ワイワイ走ると楽しいし頑張れる!
今はタイムも目指して走るのが楽しい!走るとビールも美味しい!

 

②ランニング強化

コナで表彰台を狙うには、フルマラソン単発でサブ3の走力は必須。
上位選手はコナのランパートを3時間15-30分で走っている。
トータルタイムは10時間ちょっと。

単発でサブ3するため、まずはラン5000mを18分30秒では走れるように。

9/22の認定記録会でスイム4分59秒、ラン18分24秒で走れて目標のタイムは一応クリア!
今回の上位3選手はこれくらいのタイムだったので、日本選手権に行ける可能性はあった。

まだランは伸びそうなので、今年度の目標は5000m17分55!
そして2/28の湘南国際マラソンでサブ3!(雨はDNS)
セントレアは1時間35分切り、宮古島・コナは3時間30分を目標に!

関東選手権、その先の日本選手権、ミドルロングで総合表彰される大会は、
やれるうちに後悔のないように頑張りたい。


サポートしてくださっているメーカーの皆様

CEEPO      TTバイク、ロードバイク
MAVIC  ホイール、バイクシューズ、ウェア
SUUNTO 時計
ASICS  ランニングシューズ
TYR    スイムグッズ
Kabuto  ヘルメット
OAKLEY アイウェア
アグレッシブデザイン 落ちない焼けない日焼け止め
WAKO’S 自転車パーツクリーナー、オイル
WELEDA アルニカマッサージオイル
Reboot Style ナマコサプリ、シリカ水 疲労回復!!
SPURT  ユーグレナが含まれているゼリー飲料 1日1本コンディションキープ!
gradfive ウエットスーツ

 



2019 IRONMAN Malaysia レポート【30-34優勝できました】

昨年に続き2回目の出場。10/26(土)開催!ラプレムからは70.3とフルで22名(去年11名)が参加!ワイワイ楽しい旅に♫
みなさんのおかげでいつも通り過ごすことができ感謝しています。
来年はどこ行きましょうかね!!

今年は去年より暑くてボランティア、応援の方も大変だったと思います。サポートのおかげで走ることができました。
大会は素晴らしい運営でレース前後全て楽しめました!!ありがとうございました!
来年の開催スケジュールはまだ決まっていませんが、マレーシア、オススメです!!暑いの好きな方は是非〜

私はKONAを目指して2年。去年はKONAまであと3分30秒。今回エイジ優勝できて、KONA出場権を獲得。目標を1つ達成できました。
皆さんがラプレムに来てくださるおかげで得た結果です。ありがとうございます!

 

◉目標と結果
目標:エイジ優勝&KONA獲得 → 達成!

結果(目標)
10:46:27         (10:41:00)
SWIM     55:52  (55:00)
BIKE    5:44:39 (5:50:00)
RUN     3:57:39  (3:50:00)
T1 & T2      8:01  (6:00)

プロを含んで11位。エイジ女子総合で6位。上位5人中3人は35-39。来年は35-39カテゴリーなのでもっと力をつけよう。

エイジ総合1位の西岡真紀選手はプロ含んで1位!トライアスロン歴4年目。すごすぎる。
エイジ総合4位の宇治選手は2週間前のKONAを走ってこの結果!強い。
そして2人とも身体が絞れている。

◉今回の収穫
・コナに向けて暑さを経験できた
・全部笑顔で楽しめた
・体力が付いて、フィニッシュ後に仲間を迎えられた(去年は部屋に戻った後動けず)

◉まとめ
・心拍で結果を見ると、ペース配分にムラがあった(最後に心拍のグラフ掲載)
→平均心拍がバイク<ランが理想。今回はバイク>ラン

・常にどこかでチーム・知り合いの方の顔が見ることができて、練習気分で走れたのがリラックスして走れた要因

・レース後は軽い筋肉痛、怪我なし
(右親指の爪の下に血が溜まってしまったこと(靴擦れ?)は今後の改善点)

・セッションと自分のトレーニングで動く量が増えたので、アイアンマンの距離が長いと思わなかった

・回復のため、終わってからのトレーニングはひたすら睡眠


◆レース前
日曜:移動日。クアラルンプール→ランカウイの機内でスコール待ちで3時間待機。Amazonプライムでダウンロードしておいた映画を見て過ごす。18:10離陸予定が21:10くらいに!
家を6時に出て、23時にホテル到着。枕元にはケアアイテムを。

月曜:バイクを組み立てる。フロントディレーラーが動かない。移動中にDi2の設定が変わってしまっていて、直したもののギアの調子があまり良くない。15時からラン12km涼しい。

この時に履いている↓のはasics メタライド。本番で履くか悩み、いつものasics Noosa FF 2をチョイス。
2019のKONAでフロデノ選手が、このシリーズ?のカーボンプレートが入ったモデル?を履いていたので、市販化が楽しみ!それに向けて身体と脚を作ろう。


夜はエビ!ソフトシェル!お腹いっぱい食べて飲んでも2000円くらい。

火曜:バイクコースを1周130kmライド。休憩1回。そこまで暑くなく掛け水なしで乗れた。

水曜:スイム会場までバイクで行って泳ごうと思うもスコールで退散。代わりに少しラン!到着してから毎日スコール。水曜から受付が始まるので、バイクで行って、メンテもしていただく。メンバーさん到着。みんなで夕食!
10/27はヒンドゥー教徒のお正月!ディーパバリといい、お米を色付けしたもので描かれた砂絵を灯し、善の勝利を祝うそう。EXPOとホテルで見かけました。

 

木曜:7:00のシャトルバスに乗ってスイム会場へ。2400mほど泳ぐ。夕方からウェルカムパーティー。


日本は参加者数2位!


体感40度!暑くなれ〜

金曜:10:15からサムさんによる日本人ブリーフィングに合わせてバイクで移動7km。終わってからスイム会場まで7km。スイムコース1周。ぬるい。
スイム会場近くのBEER ATMでドリンク、ハンバーガー、パエリアを。約2時間昼寝、起きてもお腹いっぱいのため夕食は豚汁2杯。22:00就寝。

◆レース当日:土曜
4:00 起床。ストレッチ、部屋で豚汁を飲みながら、日焼け止めアグレッシブデザインのファイターを5回ほど重ね塗り。

4:30 ホテルの朝食。フォー(具は鶏肉)とパンケーキ1枚、オレンジジュース、カプチーノ。

5:45 ホテル出発!骨伝導イヤホンAfter Shokzで安室ちゃんを聴きながら、シャトルバスで会場入りして最終的なバイクセッティング。夜中に雨がすごかったのでチェーンオイルをさす。

マレーシアではバイクを全部覆うカバーはNG。それならいいやとカバー掛けず。チェーン&ディレーラー周りにビニール袋を掛けている人が多かったので、カバーNGでもビニール袋は持って行こう。
マレーシアの路面は荒いため、タイヤの空気圧は雨の日設定で5.1Bar(チューブレス)。MAVICアプリでチェック!


セッティングが終わり仮設トイレに並ぶ。トイレットペーパーを持参していて正解!
ストリートバック(黒)をスタッフの方に預けてみんなの元へ。

7:00 70.3組スタート!

7:25 アイアンマン組で集合写真!いよいよ!!
アスリチューン/ブドウ105kcalを1個、グリコBCAAを摂取。


◆SWIM  55:52
ストレッチして待つ。プロ選手のスタートを見て列に並ぶと結構後ろになってしまった。戸原くん、なおさん頑張れーーー!

申告順で5秒おきに4人ずつローリングスタート。先頭から3分後くらいの7:56にスタート!400m→700m→800mの三角形を2周回。

出遅れた分、周りには人人人。スタートしてすぐオエオエしてしまった(吐いてはない。水温が高いレースでは結構こうなる)のでゆっくり泳ぐ。先にスタートした人でも平泳ぎがいてなかなか苦戦。

透明度はないので、ヘッドアップした時に見えなくても、急にネッシーみたいに現れたり、平泳ぎの足が顔をかすめたりとなかなかスリリングなスイム。上手く避けることも楽しみつつ!第2ブイを回る頃に先にスタートした人を大体抜いて、そこからは快適!

コースは10m?おきくらいに小さな赤いフラッグがあるので、見ていれば曲がらない。波立つこともなかったので真っ直ぐ泳げた。2周目の最後のブイから1周目の人に追いつき、またスリリングスイム。

宮古島でスイムを頑張った代償で、スタート後10kmくらい力が入らずだったので、今回のスイムはややのんびりと。
初島熱海団体泳や湘南10kmでロングスイムは慣れているので、3.8kmは短く感じる。

【T1】 2:43
スイムの着用アイテム
TYR×ラプレムのビキニ上、ラプレムトライパンツ、TYRスイムスーツ、TYRクリアゴーグル
スイムスーツを脱いで、トランジション袋に入れておいたヘルメット、サングラスをつけて、トライトップ(袖有り)を走りながら着てバイクまで!


◆BIKE   5:44:56(平均心拍146)
楽しみにしていたのがバイク!ポジションを変えたり、平地練を増やしてDHポジションに慣れたり、MAVIC COMETディープリムのおかげで15分短縮!

コースは多少アップダウンがあるも、7割くらいはDHバーで走れるコース。最大斜度は15%くらい?でも短いのでリラックスポイント。
獲得標高は1500mほど。平坦よりアップダウンがあった方が私は走りやすい。
昨年はスタートして1時間くらいでスコールで周りが真っ暗に。その経験からロングの時のサングラスはOAKLEY EV ZERO 調光レンズをチョイス。

スタート直後、DHバーの間につけているボトルがタイヤに擦っていることに気がつく。乗りながら位置を変えること4回くらい。普段の練習では問題なかったけど、念のためにズレないようにする手間をしなかったことを後悔する。


行ってきまーす!

なかなか心拍が下がらない。心拍は140前後巡航が目標だけど150以下にならない。でも全然苦しくない。心拍を落としたかったので、後のことを考えて筋力セーブを選び、回転数をいつもの100回転から105回転(軽いギア)にする。

結局100kmくらいまで心拍下がらず。その後のアップダウンがあるところで心拍を落ち着かせて、それ以降は心拍140前後で乗れた。ランに向けて脚を使わないようにスムーズなペダリングを意識して。

良かった点!
去年は抜かれまくりだったのが、今年はそこまで抜かれず、ゾーン内で付いていけたり。30-50kmまでは大学の先輩、ノルウェー、もう1人のパックの後ろで走ってリラックス。ペースがゆっくりに感じてパックの前に出るも、下りになると抜かれてしまうので、大人しく後ろで乗ることに。感覚的には楽だけど心拍は150ちょっと。←この心拍は良くない

1人区間も長かったけど集中して乗ることができた。先にスタートした70.3組に追いついて声をかけてリラックス〜

応援に来ていた大学の先輩にパワーをいただく!

今年は暑かったと思う。こっちに来て毎日スコールがあったので、スコール来い!!と願うも来ず。みんな同じことを考えていた!
3?4?箇所目のエイドから水を2本(1本サドルの後ろ、1本背中)、スポドリ100 PLUSを1本(DHバーの間のボトルに詰め替え)もらい、水を身体にかけてスポドリを飲んで冷やす。
女性に抜かれたのは3人くらい?全員違うエイジで、エイジトップでバイクを終える。

100 PLUS!日本にも入ってこないかな〜微炭酸で美味しい!!

(余談)
110kmくらいからしばらくサイクルコンピューターの調子が悪くなる。すぐ停止して動いて〜の繰り返し。時速30kmは出ているのに3kmとかも。サイコンも暑い?結局サイコン上では166kmでフィニッシュ。距離もパワー(いつもあまりちゃんと出ない…)もアテにならないので心拍だけを見て。
ちなみにSUUNTOも170kmだった。いつもはちゃんと測れるのだけど。

◉補給(ボトルは3本、エイドで水をもらい後ろのボトルゲージに入れて掛け水に)
グリコCCDドリンク170kcal+電解質ショッツエレクトロライト カシス×計4 (DHバーの間のストロー付きボトル)
→ 途中からエイドでもらったスポドリ100 PLUSにカシスを2回追加

・アスリチューン/ブドウ105kcal(マグネシウム25mg)×10個+OS-1ゼリー(エネルギーボトル)
→ 30-40分毎に2口。1/4くらい残った

・スポーツ麦茶 水750mlに2袋/通常は水500mlに1袋(ボトル)
→塩分補給と甘くなった口をさっぱりさせるため

・アミノバイタル パーフェクトエネルギー109kcal ×1 約100km地点で
→アスリチューンだけだと110kmくらいで昨年のマレーシアも練習でもお腹が痛くなったので、アミノバイタルを摂ってみた。結果、腹痛は起こらず。

・匠の塩タブレット 2個
→看護師さんから教えていただいた塩タブ。よく効きそうなので夏のトレーニング&レースで愛用!


【T2】 5:18
バイクは降りたところでボランティアの方が受け取ってくださる。走りながらヘルメット&サングラスを外して、T2バックを取ってテントの中へ。(今思えば、上を脱いでからヘルメット&サングラスを取れば良かった。)

トライトップを袖有りから無しに着替える。袖が無い方が走りやすい。靴下&シューズを履き、約30秒ストレッチ。室内なのでクーラーが効いていて涼しい。ボランティアの方、一緒にテントに入った方と会話。

去年は気付かずスルーしてしまったトイレに寄って、今回のEXPOで購入したゼッケンベルト×ポッケ付きランベルトNakedに補給食を詰めてからスタート。


◆RUN   3:57:39(平均心拍144)
後ろから知り合い日本人選手が来たので、話しながらスタート!しばらく一緒に走る。走り始めは良い感じ。速くならないように。
コースは2周半。1周目はゆっくりアップ。2周目は集中力を切らさないで。ラスト半周8kmペースアップ!がプラン。目標心拍は前半145以下。後半元気だったら上げていきたい。

気のせいかもしれないけど、サングラスは濃いミラーレンズを付けると暗くなり、暑さが和らぐ気がする。
使用モデルは OAKLEY Rader EV XS Path (Youth Fit)

ランの作戦はチームの仲間、知り合い、日本人🇯🇵とわかったら声を掛ける!応援には笑顔で手を振る!エイドではサンキューではなく、トゥリマカシー。

私は声掛けして走った方が調子良いタイプ。楽しくないと走れない。逆に辛いのに反応してくださった選手の皆さんすみません。世界の宮塚さんにも応援いただきました〜

全選手の走りにパワーをいただき(すがり?)大幅なペースダウンはせず淡々と。ペースはキロ5分20くらい+エイド。時計は見ないで練習の感覚通りに。たまに心拍を見ると大体145以下。暑いけど、水をかけてランキャップとトップスに氷を詰めて走ると、そこまで暑くもない。水分補給は氷。スイカ2切れ。後半コーラ。

電解質補給のため、ショッツエレクトロライト カシス×4本をフラスクに入れて水で溶かしたもの(かなり濃い)をちょびちょび補給。その時に氷を食べると、かき氷みたいで美味しい♫それを楽しみに走る。

1周目途中からタイミングチップが擦れているのが気になり、2周目に入るT2(クーラー効いて涼しいのでそこまで我慢した)で靴下の上に付け直す。

2周目ペースはそんなに変わらないものの、少しずつエイドが遠く感じる。70.3組がバイクをT2にピックアップするためシャトルバス待ちの際、バイクに乗って帰る途中に遭遇して声をかけてもらう。みんな無事にフィニッシュできたようで良かった!ロング組も少しずつすれ違い始める。みんな頑張っている!!良い走りを見せなければと頑張れた。

フィニッシュ前エリアはビーチ砂浜を1kmくらい走る。去年は2周目では沼の中を走る感じで脚が動かなくなったけど、今年は大丈夫だった!!

去年はランの前半で補給を摂らず、練習不足もあるけど思うように身体が動かなかった。
今年の宮古島でエイドでもらったウイダーを少しずつ飲みながら走ったら良かったので、今回もそれで。飲んだのはアミノバイタル パーフェクトエネルギー(180kcal)。さっぱり味で美味しい。アミノ酸も摂れる。キャップ付きなので飲みたい分飲めるのがポイント。

あとはアスリチューンのコーヒー味カフェイン25mg・マグネシウム25mg入り。これは後半のお楽しみ。残り約13kmで半分摂取(全部食べられず)。ラスト約5kmで残り半分を。

応援の方に2位と何分差!と教えていただき余裕を持って走ることができた。常にフォームのことを考えて。
ラストは約5kmペースアップ!したつもりが、あまりペースも心拍も上がっていなかった。



中盤の休憩が長い。長くても1分も止まってはいないと思う。ピッチはほぼ一定。

フィニッシュ手前で応援チームが迎えてくださり、ハイタッチしてフィニッシュ〜♫嬉しい!!!!
エイジトップ&KONA獲れた!!!!

すぐ後ろの選手は途中で抜きつ抜かれつ。途中歩いていたので一緒に行こうと声をかけたら、ほんとに一緒に走ってた!
フィニッシュ後、前後の選手と検討を讃え合う。ロングは一緒にフィニッシュを目指すところがあり、それがロングが好きな理由のひとつ。


◆レース後
すぐにプロテイン、糖質、回復サプリを摂取。アスリートエリアでは食事、マッサージを受けることができて、地元の方にたっぷりほぐしていただく。お礼に大会参加賞のリュックをプレゼント。お兄さんありがとう!

日本選手とレースのあれこれを話して余韻に浸る。どんな練習しているとか、どんな気持ちで走っているとか。色々話せて有意義な時間。みんな強い。

部屋で着替えて70.3組の元へ!応援ありがとうございました!!
そしてロング組のお迎え♫おかえり〜


◉レースを振り返って
上手く走れたレースは、バイクよりランの平均心拍の方が高い。今回はバイク146、ラン144。
今年の宮古島はバイク144、ラン147。ラスト5kmはよく走れて160超えるまでペースを上げられたけど、今回は150もいかなかった。ランでペース的に失速はしていないけど、心拍を見ると上げて走ることができなかった。

原因はバイクの中盤まで心拍が高いまま乗ってしまったことだと思う。主観的には身体は楽だったけど、やはり心拍を守って走ることが大事だと改めて感じた。

◉レース全体の平均心拍
(スイムは計測なし)
マレーシア 139
宮古島   145

2019 マレーシア
(❌後半心拍が落ちている)

2019 宮古島
(◯右肩上がりの心拍が理想)


◉ランのピッチ(ケイデンス)&ペース
マレーシアも宮古島もピッチの平均は一緒。
マレーシアはほぼ一定のピッチ。ペースも同じくらい。宮古島はハーフまで動きが悪かったが、後半ピッチもペースも上げられた。
平均ピッチをもう少し上げられるようにしたい。

2019 マレーシア

2019 宮古島

 

◉来年への課題
・客観的に心拍を見てペーシングする
・体重を落とす
・スイム→現状維持しつつ、レースでもう少し速く泳げるように、速く泳ぐ練習もする
・バイク→重いギアを回せるようにパワーを付ける。ローラー練を取り入れる?
・ラン→量の1年だったので、質も上げていく

◉2020の目標
・宮古島で3位!
・KONA(35-39)で表彰台!2019は5位で10時間10分。。バイクラン頑張ろう。


★使用機材
・SWIM
ラプレムオリジナルトライアスロンウェア
TYR TORQUE PRO
TYR SPECIAL OPS 2.0 TRANSITION クリアゴーグル
SUUNTO 5(Graphite Copper バッテリー20時間で安心)
アグレッシブデザイン ファイター(落ちない日焼け止め。レース後火照りなし)

・BIKE
CEEPO VIPER-R  Sサイズ(小柄な女性でも乗れるTTバイク)
MAVIC コメット プロ カーボン UST SL(エアロ効果!パンクしにくい強い味方)
MAVIC シークエンス SL アルチメイト シューズ ウィメンズ(足袋を履いているかなようなフィット感。かなり軽量)
OGK FLAIR(kabuto史上最軽量!涼しくて快適)
OAKLEY  EV ZERO 調光レンズ (天気によってレンズの色が変わる)

補給食
グリコCCDドリンク170kcal+電解質ショッツエレクトロライト カシス×4
・アスリチューン/ブドウ105kcal(マグネシウム25mg)×10個+OS-1ゼリー
・スポーツ麦茶 水750mlに2袋
・アミノバイタル パーフェクトエネルギー109kcal ×1
・匠の塩タブレット 2個
・エイドでもらうスポーツドリンク100 PLUS

 

・RUN
asics NOOSA FF2
OAKLEY Rader EV XS Path (Youth Fit)
ラプレムオリジナルランキャップ
Greeper Laces (結ばない解けない靴紐)
イトイエックス (靴下)
MISSION (首を冷やす)
naked  (ゼッケンベルト×補給食入れ)

補給食
アミノバイタルパーフェクトエネルギー ×1 (180kcal、アミノ酸)
アスリチューンコーヒー ×1(105kcal、カフェイン25mg・マグネシウム25mg)
ショッツエレクトロライト カシス×4本(氷を食べてカシスを飲むとかき氷になる!!)

サプライヤーの企業の皆様、いつもありがとうございます!!
CEEPO  
MAVIC
SUUNTO
TYR
OAKLEY
OGK
ASICS
Aggressive Design
WAKO’S
Greeper Race
WELEDA
GRADFIVE


前日から楽しめるタテトラ!

10回目!館山わかしおトライアスロン大会。今年は当日受付もOKに。駅伝、アクアスロンも新設されました。
前日は恒例のOWS講習会(無料!)を担当させていただきました。
6/8-9には事前講習会(無料!!)を開催。初めてトライアスロンに出る方、館山を楽しみたい方に優しい大会です。

今年の講習会にはオリンピアンの庭田清美さんも講師として!!庭田さんはレギュラー&キッズ組担当。しごかれていましたよ!?
私はビギナー組を担当。タテトラでトライアスロン・アクアスロンデビューな方がたくさんご参加くださいました。
レース後に講習会のおかげで無事に初めてのトライアスロンを完走できました!!とご連絡をいただき嬉しかったです。
館山サーフクラブのみなさん、館山協会のみなさんのサポートのおかげで講習会を開催できています!


夜はいつもお世話になっている宿でワイワイ!
この時間も含めて楽しいんですよね〜

大会当日は雨。。走っちゃえばどんな天気でも楽しい!安全第一に怪我なく笑顔でフィニッシュできればそれで良し!
ラプレムたくさん♪どこでも応援できてたくさんの笑顔を見れて幸せでした。拡声器持って応援楽しい!笑
最終走者はラプレム!最後まで歩かず素晴らしい走りでした。ボランティアの子供達がアーチで迎えてくれて、フィニッシュ後は囲んで一緒に喜んでくれて嬉しかったです。

表彰台はアクアスロン中学生が3位!60代ODで2位!
仲間と出ると楽しさ&力の発揮力が倍増しますね!また来年楽しみましょう!!
運営・ボランティア・マーシャルのみなさん雨の中ありがとうございました^^

他の写真はコチラからご覧いただけます!


前日から、と書きましたが、日曜も泊まって打ち上げを!
当日来て走ってその日に帰るって結構大変なのでね。
前泊か後泊をできると、より楽しめると思います!!


2019 IRONMAN 70.3 HAWAII レポート

3回目の出場になるIRONMAN 70.3 HAWAII。通称HONU。ツアーも3回目。
過去2回完走するも制限時間に僅かに足りなかった方の卒業レースになるか?
2回目の方は去年の自分に勝てるか?初参加の方は無事にフィニッシュできるか?私はコナに届くのか。
ワクワクウキウキ、ドキドキな気持ちでハワイへ!

半年前くらいからセッションや合宿を重ね、現地でもセッションを行い、できる限りいつも通りスタートできるようにサポートしていきました。
楽しく笑顔で元気に終われるように。それが一番大事。

◆結果
5:03:39  30-34  2位 /  女子7位 /  総合59位
SWIM 29:19
BIKE 2:43:04
RUN 1:46:23

スイム、バイクまではトップ、ランの最後2kmくらいで交わされてしまい、1位と59秒差で2位。コナのスロットは1つで獲得ならず。今ある力は出し切れてこれ以上のレースはなかったと思う。事前にあれができていれば、、という気持ちは少しあるものの悔いはなし。
昨年は5位から今年は2位。10分短縮。順位を見ても昨年101位から59位と速くなっている。まだまだ強く速くなれる。また次に向けて頑張る。

3度目のチャレンジの方は大幅にタイムを更新されて完走!初チャレンジの方はタフなコースに洗礼を受けるも楽しまれて完走!女性1名がバイクの関門に届かず。トライアスロン歴2年目、50代からのチャレンジ。来年リベンジしたい、と言ってくれているので1年計画で完走へサポートしていきたい。


◆大会まで
4/14の宮古島後に風邪を引いてしまい、4/27までノートレ。4/28からのGWセッションで徐々に動き出す。宮古島に向けてのトレーニングである程度のベースはできているので、5/10のデュアスロン(BIKE20km+RUN5km)で高強度練習。そこそこで走れたものの、次の日右膝に違和感が。5/12の葉山トレラン時も痛みがありショートカット。オムロンのマイクロカレントでケア!5/15もデュアスロンを走り、ランタイム向上。痛みもなし。
club Lapulem練で荒川バイク、デュアスロンをしたり、日産スタジアムで1000×8本のランポイント練をしたりと急ピッチで仕上げる。セッションとチームのおかげで最低限のトレーニングをこなすことができた。皆さんありがとうございます!!

 

◆ハワイ入り〜レース前日

火曜:ハワイへ移動。軽くランして、クールダウンのOWSでウミガメとツーショットが撮れた!幸先良い!

 

水曜:バイクコース90kmサイクリング。調子が良くて上げすぎないように気持ちを抑えて走る。夕方からお客様と合流。軽く泳いで身体をリフレッシュしてもらう。夕日を見ながら乾杯!グリーンフラッシュ(水平線に太陽が落ちる際に緑色の光を放つ)という年に数回しか見ることのできない現象に遭遇。その後も美しかった。星も満喫。

木曜:オフィシャルホテルのフェアモントから11km先のスイム会場のハプナビーチまでバイクで。行きで1名パンク。何かが刺さったみたい。ハワイ島は路肩にタイヤのワイヤー、溶岩、ガラスなどたくさん落ちていてパンクしなければラッキーなくらい。私はMAVICのUST(チューブレス/刺さってもシーラントで穴を埋めてくれる)なので安心!
海は透明度抜群!泳いでいることを忘れるくらいの綺麗さ。40分ほど泳ぎまたバイクで戻る。スタートして2kmくらいでまた1人パンク。特に刺さってはいなかったが、小さな穴が空いていた。この方はレースでもパンク。

お昼前からバイクコースを車で試走。折り返しのHawiまでの登り、折り返しのポイント確認、Pololu Valley、カメハメハ大王、ランチしてホテルへ。牧場のアイスを楽しみにしていたがお休みで食べられず。

15時から説明会。17時から3〜8kmランセッション。ホテル近くのペトログリフを見て、実際のランコースを走ってイメージを高める。

プールでクールダウンしながらサンセットタイム!


金曜:午前中は各自フリー。オフィシャルホテルのフェアモントがT2になっていているのでランギアをセットする。14時、バイクでT1(ハプナビーチ)へ向かいバイクセッティングを行う。去年まではフリーラックだったが今年からバイクを置く場所が番号順に。これが唯一の変更点。
シャトルバスで戻り17時30から夕食。19時前には解散。WELEDAアルニカマッサージオイルでケアしてリラックスして、イオンドクター付けて足を温めつつ21時には就寝。

 

◆レース当日
3:00起床。ストレッチしつつアグレッシブデザインのファイター(日焼け止め)を塗る。5度塗りくらいして入念に。朝食は炊飯器を持参しているのでご飯を炊く。水分塩分補給も兼ねて今回はお茶漬け。あと味噌汁。

4:25ロビー集合。4:30からシャトルバスが出ているのでそれに乗車して会場へ向かう。ロビーで撮影した動画を移動のバスで編集!気持ちに余裕有り。

T1は到着してすぐはやや薄暗くヘッドライトがあると良い。5:20過ぎには明るくなる。早速1名パンク!空気を入れすぎていたのか?レース中じゃなくて良かった!メカニックですぐ直してもらえたそう。サポートするためT1を動き回っていたら車止めに何度か足が突っかかった。ランシューズを履いているので問題ないが、サンダルだったらかなり痛かったと思う。足保護のためランシューズを履くと安心。今回はカテゴリー毎にバイクが並んでいるので、事前に強い選手をピックアップしてバイクをチェック。落ち着いた頃5:45くらいにバナナ1本。

6:00ビーチ集合。いつものストレッチ、軽くビーチランしてアップ完了。ハイタッチしてみなさんのスタートを送り出す。緊張とワクワクの瞬間!

 

◆SWIM 29:19   カテゴリー1位、女子2位、男女昨年14位/今年7位
スタートはカテゴリー毎に4人ずつのウェーブスタート。6:30に40-44男性がスタートして私のスタートは7:15。6:55から約10分、いつものルーティーンで泳いでアップ。アスリチューンポケットエナジーぶどう(105kcal)を摂取。コースレイアウトは長方形で右回り。アナウンスで曲がる角の赤ブイ手前のオレンジブイは回らなくて(目安)OKと聞く。知らなかったらかなり大回りして損していた。

私はウェーブの一番後ろからスタート。日本人女性で初HONU女性2人と話してスタートを待つ。カテゴリー分けがないスタートなら前からスタートした方が抜く手間がないが、ウェーブ毎なので後ろを選択。理由はスイムでは恐らく先行できる。バイク、ランで抜かれた時に付いていき私が先にフィニッシュすれば1位とわかるため。
赤いブイ2つ目を過ぎてから同じ色の黄色キャップの選手に付かれたが、次のブイで差を広げて1人になる。最後のブイは黄色。それだけを見て真っ直ぐのコース取りをする。泳いだ距離は2005m。女子1位とは3秒差。全体7位。

◆T1 2:48
バイクにかけておいたバイクギア袋(中身なし)にスイムスーツ、キャップ、ゴーグルを入れてその場に置いてバイクスタートの方へ走る。トランジションの地面に物を置いてはNG。ヘルメットにサングラスを置いて、バイクシューズは予め付けておく。バイクギア袋はスイム→バイクの間に預けなければならない、と前日の説明会で言われたけどそれは間違いだったようで、バイクにかけてOKだった。バイクシューズはDHバーに刺しておく人もいれば、バイクギア袋に入れる人も。マウントラインは坂の途中!なかなかの斜度。ギアは一番軽くしておいて、ボランティアの方に背中を押してもらってスタート!

 

◆BIKE 2:43:03  カテゴリー3位、女子16位、男女今年159位/昨年264位
90kmをぐるっと1周回するシンプルなコース。完全交通規制はされていないが気にならない程度。行きは上り基調、帰りは下り&ちょっと上り。90kmで獲得標高は500mほど。ただダラダラ登る坂にコナウィンドウと呼ばれる風が吹くと結構キツイ。折り返しのHawi手前で嵐を感じるヒヤッとした強い風が吹くも、3回出場した中でも全体的には弱かったように思う。上りでメンバーさんや日本人に声をかけて走る。折り返すまでに女性5人くらいに抜かれ、そのうち45-49女性が2人ほど。1人は途中まで付いて行けたけど下りになって置いていかれる。バイク強くてカッコ良い!
57km地点で同じカテゴリーの選手(ピンクウェア)に抜かれる。体型を見るとランはあまり走れなさそう。無理に付いていかずマイペースに。心拍は150前後を目安に。

エイドは5箇所。水のみもらう。水、ドリンクはペットボトルで用意されている。1箇所目はスルー。暑くないけど2箇所目から水をもらい身体にかける。給水ドリンクは全部で3本。エネルギー摂取のためチャレンジャーを2本。経口補水ドリンク1本。実際飲んだのはチャレンジャー1本と経口補水ドリンクを3口くらい。その他の補給はアスリチューン4つをフラスコにいれたものを半分くらい。

今回は上りでも比較的DHポジションで乗れてケイデンスは100前後。あっという間の90kmだった。下りで横風が怖くてベースバーで走ったけれどタイムは昨年より10分短縮。

◆T2  2:05
バイクを置いてランギアのところへ。前日場所をチェックしていたものの、当日になると鮮明には覚えていない。焦らず探してロスを最小に。ボランティアの少年とハイタッチをしてスタート!バイクで同じカテゴリーのピンクウェアの選手に抜かれたものの一番後ろからスタートをしたので、バイク終わりはトップだったよう。

◆RUN 1:46:23  カテゴリー3位、女性11位、男女全体71位/昨年76位
ランは2周回。走り出しは脚が軽い!ランコースはゴルフ場。大半が芝生でカート道、平坦ロード4km。3度目になるが、急なアップダウンがあるカート道が一番キツイ。ここでペースを落とさないのがポイント。ランシューズはasicsのターサーかDS トレーナー24にするか悩み、ソールの硬さがあるDSをチョイス。良かったと思う!

去年よりも暑かったみたいだが、ランもそこまで暑さを感じずに走れた。マレーシアとプーケット効果?エイドで水をかけて、紙コップに入った氷をもらい手に持って頭にかけたり食べたりして暑さ対策。ボランティアの方が明るくて元気もいただく!メンバーさん2人に声をかけ、日本人選手とも声を掛け合う。これが力になる。

約6km地点で女性に抜かれる。かなり走れている。後ろ姿だとナンバーが見えないので7km地点のすれ違いでチェックすると25-29とわかりホッとする。その選手をチェックしたら次は同じカテゴリーの水色の選手が迫ってきていて結構走れている。事前にチェックした強い選手だ。バイクで抜かれたピンクウェアの選手は9kmくらいで抜いてトップをキープ。

2周目に入るところで水色の選手より私が50秒早くスタートしていると情報をもらう。抜かれても50秒以内でフィニッシュすれば良い。2周目に入り給水はコーラを飲む。去年ゲーターレードを飲んで気持ち悪くなったのでコーラのみ。段々カート道がキツくなってくる。アスリチューンの新作カフェイン入りを半分飲んで(ゼリーなので食べて)気持ちを切り替えるが、平坦ロードの残り4kmで水色選手にパスされる。何とか50秒以内で粘りたい。ここでもう半分摂取。宮古島ではこれを30km地点で摂ってから更に走れたのでそれを期待!するも身体は思うように動かない。(あとでタイムを見るとラスト5kmでペースダウンしている)姿はだいぶ見えなくなってしまったので50秒以上開いてしまったかもしれないけど、何が起こるかわからないので最後まで集中して走る。マレーシアの時はそれができなかったけど、今回は気持ちは切らさず走れた。

フィニッシュは笑顔を常としているが、一番でフィニッシュ出来なかったからか俯いてしまった。心拍は上がって終えられたので力は出し切れたと思う。時計は一度も見ず。練習の感覚で。

フィニッシュ後、知り合いの日本人選手と話したり、水色選手と話したり。あなたのおかげで良いレースができたわ!のようなことを話しかけてくれて、私もそう思ったので嬉しかった。おそらく初めてのコナのようで、心からおめでとうと伝えることができた。また彼女と良いレースができるようにしたい。

終わったらビールとバーガーチケットをもらえる。すぐにビールが飲める身体ではないのでそのままメンバーさんの応援!みんなきつそうだけど笑顔で応えてくれて楽しそう♪

2年越しのフィニッシュ!!

タフなコースな分達成感も大きいと思う。2度、3度と参加したくなるこの大会。リピーターは私含め4名。この大会はコース、人、雰囲気ととても魅力的。アワードパーティーも盛り上がる。日本でも島で開催される大会はこんな雰囲気。レース後はのんびりできると良いですよね。

 

◆レースを振り返って
最後のペースダウンは練習不足。現地の過ごし方は良かったと思う。宮古島後に風邪を引いてしまったのが計算外。原因は帰りの飛行機でマスクを忘れてしまい翌日から体調が悪くなってしまった。風邪を引かなければもう少し練習できたかな、とは思う。マレーシア、ホヌとあと少しコナに届かなかったので、日頃の生活から気を付けて体調・トレーニング管理をしていく。次は10/26のIRONMAN Malaysia。

バイクはポジションとトレーニングを変えてさらに空気抵抗の少ないフォーム、少ないワット数で速く走れる身体作り。ランは走り込みとスピードアップ。これから暑くなっていく中でどう練習していくか。そういう試行錯誤を楽しみつつ次のレースの準備が楽しみ。

来年のホヌに出るかはまだわからないが、35-39での出場となる。今回35-39でトップだった選手は女子全体2位で4時間53分。昨年は30-34の1位で4時間56分。4時間50分を目指したトレーニングが必要。
カテゴリー分けされている大会に出ると負けられない、という気持ちが湧いてくる。また良い勝負ができるようにチャレンジしていきたい。

翌日はみんなで観光!イルカに会えてラッキー!コーヒー農園、チャンピオンシップのスイムコースを泳いで、サンセット見て。
レース前後も楽しめて最高のツアーになりました。次はどこ行きましょうかねー!!

   


★使用機材
・SWIM
ラプレム トライアスロンウェア
TYR SPECIAL OPS 2.0 TRANSITION クリアゴーグル
TYR TORQUE PRO
SUUNTO 9(バッテリー25時間で安心)
アグレッシブデザイン ファイター(落ちない日焼け止め。レース後火照りなし)

・BIKE
CEEPO VIPER-R  Sサイズ(小柄な女性でも乗れるTTバイク)
MAVIC コスミック プロ カーボン SL UST(パンクしにくい!強い味方)
MAVIC シークエンス SL アルチメイト シューズ ウィメンズ
OGK FLAIR(kabuto史上最軽量!涼しくて快適)
OAKLEY  EV ZERO

・RUN
asics GEL-DS TRAINER 24
ラプレム ランキャップ


2019年全日本トライアスロン宮古島大会レポート

女子5位、総合50位。
9時間46分27秒(S 42:57 / B 5:09:08 / R 3:54:22)

昨年女子9位、総合111位からジャンプアップ!バイクランのラップも上昇。
ラプレムのみなさん、一緒にレースで走った選手のみなさん、運営、ボランティア、応援の方々のおかげです。素晴らしい大会に参加させていただきありがとうございました。

スイムは僅差で女子スイムトップ、バイクはマイペースに終了時6位、ランは前半動かず、後半走れて8位くらいから巻き返せました。
途中いろいろあったけど、最後良かったので満足!!マレーシアの灼熱を経験したからか暑さは感じずにレースできました。脚(怪我なし)も大丈夫。最高の結果です。


チームのみなさんは無事に怪我なく戻ってこられたのでホッとしています。結構救急車が出ていたようで。。完走できた方、できなかった方半々でしたが、このコースにチャレンジされたことを誇りに、また次のチャレンジに繋げて日々のトレーニングを楽しんでもらえたらなと思います。

◆レース前
水曜:16時宮古島入り。10kラン。動きが重くて調子はいまいち。
木曜:バイク80km。心拍130くらいなのに結構な疲労感。夕方美容院。チームのみなさんが合流して「でいりぐち」で決起集会!このお店は気遣いが素晴らしく、食事、おもてなしの面でサポートしていただき、レース当日も応援してくださいました!
金曜:7:00から前浜ビーチでスイム、ザブザブのため15分くらいで終了。夕方宮古島神社方面で30分JOG。まだ身体重い。
土曜:CEEPOライド、スイムコース1周。14:00バイクチェックイン。18:00夕食。21:30就寝。

 


 

◆レース当日
3:10起床。雨ザーザー。こんな天気予報だったっけ?心拍を測ると62でかなり高い。普段は50くらい。頭を触ると熱い気がする。何度も測ってやっと59に。熱?緊張?ストレッチで身体を起こして3:45から朝食。白米、味噌汁、トーフチャンプルー(そば)、もずく、梅干し、オレンジジュース。

4:20ホテル出発。車の中で心拍を見ると座ってるのに70近く。東急に着いてトランジションセット。最初はパラパラ雨がザーザーに。5:15にはセットが終わるも、デュアスロンになった時の対応のため6:00までテントで待機。時間が経つのがかなり遅く感じる。おしゃべりをして待ち、6:00にトライアスロンで開催が決定!!トイレに行き、ウエットスーツを着て、ウォーミングアップをいつものルーティーンで10分。

 

◆スイム
去年より少し右側の前列15〜20番目くらいに位置取り。視界不良のため7:00→7:15にスタート時間変更。雷で停電?したらしく音響が一時ダウン。雷が、、と聞いてスイムがなくなるかと思ったけど15分遅れの対応で一安心。15分が長い。というのもトイレに行きたい。海に入ったらバレる〜と思い我慢。この我慢が後に響く。心拍が64まで落ち着きスイムスタート!

スムーズに泳ぎ出す。一度だけ左側に泳ぐ肘が前歯にヒット!それ以外は前を泳ぐ選手は泳ぎ方が上手いので特にバトルはなく快適。雨で視界が悪く、ゴーグルも曇ってしまいあまり見えない。幸いまっすぐ泳げる人に付けたので1周目はヘッドアップほぼなし。途中で昨年もこの人と一緒に泳いでいたかも?とフォームで気付く。

1周目上がったところでゴーヤの千葉コーチに女子トップと言われホッとするも、後ろにすぐ女性選手が見えたので2周目も頑張る。最後のブイを回ってから目指す方向が集団内でバラけて、何度かゴールの赤いコーンを確認。自分の信じたラインを泳ぐ。10秒差くらいでかろうじて女子スイムトップ。全体9位。

◆バイク
ザンザン降りの中バイクスタート!とにかく転ばないように安全に。頑張って泳いだ代償なのか膝の内側の筋肉が異様に張っている。トイレも行きたいし身体に力が入らない。伊良部大橋に入る頃には雨が止み、池間島に入るときには快晴!池間大橋から見る海がとても美しかった!!

東平安名崎に向かうまでは向かい風だけどそんなにきつくはない。けど80km地点で眠気がしてエイドでもらったコーラを飲む。なんとなく回復。トイレの横を通るたび行こうかどうしようか本気で迷う。晴れ、雨、曇りとコンディションが常に変わり暑かったと感じる人が多かったようだけどそれは気にならず。暑くないが中盤からエイドで水をもらい脚に水をかけてリフレッシュ。2周目に入りあと30km!ちょっとした風がきつく感じる。

終始心拍145以下のペースをキープして応援の方に返事をしてマイペースに走る。大学の先輩、チーム、知人、地元の方、エイドボランティアの方の応援が本当に力になりました!バイク終了直前にまた大雨。トイレに行きたいと思い続けて集中しきれずバイク終了。トランジションで無事にトイレへ。去年は覚えていないけど今年は洋式!有難い。バイクラップ去年234位→今年114位。

 


◆ラン

バイクでペースを守って走った割に脚が全然動かない。これもスイムの代償。脚が動くのを信じて我慢のラン。2つ目のエイドでオレンジを食べて口をリフレッシュ。ウイダーをもらいちょびちょび補給。左手に何か持つと調子良く走れるのでそれに期待。そんなに暑くないけど4つ目くらいから頭、腕、脚に水をかけて冷やしてボランティアの方と話しながら1分ほどレストを挟む。折り返してくる選手に声をかけてパワーをもらおうとするもあまり動かず。

ハーフ地点で女子7位か8位。折り返して後ろにたくさん女子選手が見えてこれ以上順位は落とせない!と思ってか身体にスイッチが!良いペースで走る選手と一緒に走りピッチもペースも上がって脚がどんどん軽く動くように。不思議とロングは一緒にがんばりましょう!という気持ちになる。知っている選手&ウェアに声をかけてさらに動く!メンバーさんを見つけた時はよりパワーをもらえる!!そして応援も!地元の方はナンバーを見て名前で応援をしてくださいます。応えるととても喜んでくれてさらにパワーをいただける。こんなにも応援をいただけるなんて幸せなこと!

残り15kmくらいは快調に走れてピッチが上がりペースも上がる!

去年は後半抜かれまくりだったけど、今年はネガティブスプリットで気持ち良く!宮古島3週間前の3/24に出た佐倉マラソンの時と同じ感じで走れた。残り3kmから応援に来てくださったメンバーさんが追いかけてくださり、でいりぐちの方も応援してくださり、もっと走っていたかったくらいに楽しい。
ラスト1kmくらいで女子6位の選手を捉えて5位でフィニッシュ!7位くらいと思っていたので、5位と信じられず取材してくださった記者さんに何度も確認しました。久々に内容が嬉しいと思えたフィニッシュが出来ました。

 

ランの良かった点3つ。
①暑く感じなくても早めから水を身体にかけていた
②前半走れなくても諦めず集中して走れた
③冬場の御所ラン(アップダウンコース)のおかげで坂がきつく感じなかった

1月の館山マラソンで水ぶくれができてダメダメになった二の舞にならないようにソックスをいろいろテストして対策できたのも◎。ランラップ昨年138位→今年62位。

 

 

◆心拍&ペース
設定はバイク140前後、ランは前半145、後半150〜ラスト10kは行けるだけ。


 

◆レース後
さすがにすぐビールは飲めないけど胃腸は元気。リカバリー系サプリ、フィニッシュ後にフリーでいただける沖縄そば、オレンジ、梅干しを摂取。メンバーさんを迎えながら19時くらいに2度目の梅干し、黒糖もち摂取。どっちに刺激されたのか?一気に気持ち悪くなり座ってメンバーさんを待つ。最終走者を迎え花火を見て頑張りを讃え合う。完走した人も、あと少しだった人も、チャレンジした全員がストロングマン!!

ホテルまで約3km徒歩で戻り、吐いたら(胃液だけ)気持ち悪いのが一気に回復!22:45〜0:15までしっかり飲んで食べれてストロングマン完結。

 

◆来年に向けて
去年の宮古島後速く走る練習ができるようになり、冬場はランの距離を積み、その成果が今回の宮古島で形になった。
今年はバイク強化して、来年は宮古島は3位入賞を目指して!トップ3の選手とはバイクが30分近く差があるので、そこを15分に詰め、ランも15分短縮して9時間15分が目標。
来年の宮古島トライアスロンも今から楽しみです!!


★使用機材
・SWIM
ラプレムオリジナルトライアスロンウェア
gradfive ウエットスーツ
TYR SPECIAL OPS 2.0 TRANSITION クリアゴーグル
SUUNTO 9(バッテリー25時間で安心)
アグレッシブデザイン ファイター(落ちない日焼け止め。レース後火照りなし)

・BIKE
CEEPO VIPER-R  Sサイズ(小柄な女性でも乗れるTTバイク)
MAVIC コスミック プロ カーボン SL UST(パンクしにくい!強い味方)
MAVIC シークエンス SL アルチメイト シューズ ウィメンズ
OGK FLAIR(kabuto史上最軽量!涼しくて快適)
OAKLEY  EV ZERO 調光レンズ

・RUN
asics NOOSA FF